狐の座敷牢

アクセスカウンタ

zoom RSS 学三拾遺のお話

<<   作成日時 : 2017/06/06 02:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


まあ昔な、こういうのやってたなあっていうの覚えてる人がどんだけいるか解らんけど。


最近はエロ絵でもなんでもやりまくってそしたらなんか一周回って、そういえば書きかけたまま終わってねえのあるなってのもありましてさ。
最後に更新したファイルの日付が2006年とか書いてあるんだけどさ。10年以上前なんだけど。どうなってんだよ今更こんなの掘り出してきて。本家も八年ぐらい動いてねえぞ。

まあせっかくなのでいろいろ最近更新した話とかも取り上げてみようかって話ですよ。
当時の四方山話かどうか解らないけどいろいろ解説も。
リンクは各話の最初の話だけなんでまあその辺は。



◎銀幡流儀
http://www5f.biglobe.ne.jp/~flowkurage/ss_ginhan1.html(全三回)

元になったのは合肥・需須戦、蒼天航路でいえば32〜33巻前後。
甘寧と凌統のお話ですが、正史では結局仲直りしたという話はないので演義色が強くなってます。これは御七紙の構成少し変えた程度…ですが、執筆当時に比べてだいぶ張遼の株は下げました汚いなさすが孫呉フリークの狐野郎きたない
張遼が柳生を使うって話はどなたかのSSから拾ってきてた気がします。あと武器の名前が無双。


◎武神に挑む者
http://www5f.biglobe.ne.jp/~flowkurage/gss_bushin001.html(全五回)

荊州攻略戦、蒼天航路では35〜最終巻。
メインは言うまでもなく呂蒙…なんだけど、実はこれには裏の主人公ってやつが居るのです。
狐野郎の中で間違いなくメアリー・スー化してるのはそいつであることは確定的に明らか。まあ、歴史の表舞台には余り出てこないタイプの人だったしドリーム作って遊び放題しましたしねえ。
なおここでも関☆羽の株はがっつり下げてますが、ぶっちゃけリメイク前のほうが関羽の扱いひどかったと思います。なんか知らんが正史読んだりするようになってから急にあの大ヒゲ嫌いになった気がする…。


◎風を継ぐ者
http://www5f.biglobe.ne.jp/~flowkurage/ss_kaze1.html(全六回)

夷陵の戦い、蒼天航路終了後の世界ですね。いやもうぶっちゃけ関係ねえだろあの富士額曹操
実は旧学三環境で一番最初に本家へ放り込んだ奴なんですが、それだけに思い入れもあってちょくちょく手直ししてました。諸葛亮の歌も直した頃によって少しずつ違うモノになってましたしね。
正直これに今の流行(というよりむしろマイブーム)をめいっぱい詰め込むのが最初の目的でした。(現在の)石兵八陣で収容違反起きたらXKシナリオ二回か三回は確実に起きるねこりゃ。
ちなみに主役は陸遜…だけではなく半分ぐらい丁奉視点で話が進みます。つーかスタートが琥亭なんで思いっきり甘寧いるしね。これもベースは演義半分ぐらいかな。


◎夏影のラプソディ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~flowkurage/gakuss_summer1.html(全四回)

学園モノのお約束日常パート…なのですが、あまりにも「史実もしくは演義準拠」という基本から完全に逸脱しまくってるどころか基本に向けて水爆落としにかかっている言語道断な代物のため、流石に本家には持ってってません。でも多分やってるの俺だけだろうからそのうち渋には持ってくと思います(マテコラ
主人公は虞翻、ここで彼女がとんでもないレベルのメアリー・スー状態になってることが全部バレます。どうしてだ…デザイン書き起こした時点ではただのツンデレ文科系書生眼鏡っ子なだけだったのに…(
ちなみに冒頭に上げたらくがき、左の子が虞仲翔。右のは諸葛瑾。参考までに。


◎長湖部式歓送迎会
http://www5f.biglobe.ne.jp/~flowkurage/gss_kansou01.html第六回まで掲載、予定では全十回)

学園祭系の日常パートは投稿実例もあるのですが、これも「夏影のラプソディ」等に触れられた話も前提条件として話が進んでくので、基本的には(本当の意味で)やりたい放題に話広げまくってます。実は他のSS投稿者様の卒業式系案件のネタもそこかしこに引用されてるけど、もうそれが(狐野郎が個人収拾してたのを除いて)散逸しまくってるので完全にただのフレーバーテキスト状態。あとここでは最も収容違反してはいけないオブジェクトが盛大に収容違反してます緋色の鳥、未だ発たぬ
なお部員達のコスプレ内容、当初はポップンだけ、そのうちそこに東方キャラが混ざり初め、現行では全員が東方キャラになってます。言葉の説明だけではわかりにくいので一部抜粋すると、陸遜と朱然が古明地姉妹、孫権が妹様、丁奉がルーミア、虞翻が咲夜、諸葛瑾がパチュリーという塩梅です。あとは狐野郎のセンスがない解説から想像してみてください()


以降もちょくちょくかまっていく予定です。
よろしくおねがいします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学三拾遺のお話 狐の座敷牢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる