狐の座敷牢

アクセスカウンタ

zoom RSS ポケモン対戦ログ(2016.5.23) そのいち

<<   作成日時 : 2016/06/26 15:03   >>

トラックバック 0 / コメント 2

一か月ぐらい前のおはなしです(ハナホジ

まあこれにしたって結果的にドジ踏んで負けたわけですが、負け筋は多分最初思ってたのと別のところにあるんじゃないかと思うんですよね。罪袋長が言ってますが。
こういう局面でのポケモンの取捨選択の甘さはいつまでたっても直る気配がありません。いやはや。

今回登場するこの罪袋長ですが、ずっと以前に幕間で毛玉生物が連れてきた奴とは本人とも別人とも言える、みたいな。
口調や言い回しなど、実はとあるキャラをかなり意識しているのですがわかりますかね? 今の「罪袋長」のベースになってるのがそのキャラだったりしますよ。まあどうでもいい話ですけどね。

あとグリムとスミレの掛け合い、そしてスミレのセリフとかはガルパン劇場版を見てそれぞれ中の人にキタエリと金元さん、そして二回目のスミレの啖呵に石上さんを当てはめると幸せな気分になれるかもしれないよ(
















〜地底・崖下跡地〜


ポテト「(死んだ魚の様な眼)ひとつつんではチチのため〜
   ふたつつんではハハのたmあべし!!( ゚д゚ )」
罪袋「(毛玉生物を足蹴)朝っぱらから何やってんだ気味悪ィ」
ポテト「ぬおっこれは我が同士ニュー罪袋長!?
   この朝の地獄の美少女との交信儀式を邪魔するとあらば親愛なる同志といえども許さんぞぉ!?」
罪袋「オメーそんなんだから我らがハイルさとりんからも見捨てられてここで放置プレイ喰らうんだろうがよ…。
  マア、いい。今日はそのさとりんからの直々の指令だ謹んで拝読やがれウジ虫野郎」
ポテト「( ゚д゚ )なんとぉーッ!?(CV:辻谷耕史
   何故それを先に言わん罪袋長!! こうしちゃいられねえ今すぐこんなケッタイな儀式を止めてすぐ地霊殿へ」
そら「だからここに指令持って来てんだっつってんだろこのクソ毛玉ァァァァ!!( ゚д゚ )(ブレイブバードどーん
ポテト「うわらば!!!(;´Д`)」



ポケモン対戦ログ(2016.5.23) そのいち



ポテト「(へんじがない…ただのしかばねのようだ)」


罪袋「ったくよ、この馬鹿の奇行だけは本当に改まる気配がねえな。
  何処行ってもぶれねえのはブロントだけで正直腹一杯だ、いい加減にしてほしいぜ」
そら「そういうあんたもその辺りぶれねえよな。
  別にもうブロントさんとかと喧嘩するわけでもねえんだし、その罪袋とってもいいんでねえの?」
罪袋「…そいつは公然のお約束って奴だ、いいな?
  しかし我らがさとりんから、この馬鹿を少しはポケモンとして使えるように知識を叩きこんでおけって言われてんだが、オメェ少しいい角度に入れ過ぎじゃねえのか? リスポーンしてくる気配がねえぞ」
そら「この程度で死にゃしないから問題はねえと思ったんだがなあ。
  気つけに濃硫酸でもぶっかけるか」
ポテト「お前俺をなんだと思ってんだYO!!( ゚д゚ )
   このオレも危うくオヒガンが見えたわ!!しかもそのオヒガンで危うくゴールデンライオン=サンに貞操を奪われるかと思ったぞなんだよそのThe ガッツな世界は誰得だ!!」
そら「そんなん知らんがな(´・ω・`)」
罪袋「起きたなら話進めるぞ。
  知っての通り、俺達は新たなポケモン環境に対応すべく、完全にパーティ編成を固定化して戦略は個々に任されることになったわけだが」
ポテト「あーそれならオレも言いたいことが山ほどあるぞごるぁ!!
   オウコラカラス野郎! テメエなんでしれっとさとりんのPTに入れてもらっ飛んじゃ貴様もしや売ったな!? 一体いくらでその身体を(頬の毛玉の一部を掠めてスリケンすとーん
罪袋「いいから黙って話を聴け(キリッ」
ポテト「アイエエエエエエ!?ニンジャ!?ニンジャナンデ!?(NRS
そら「うーむ、こんな事もあろうかとさとりんの恐怖催眠術で遺伝子潜在レベルのニンジャ恐怖を刷り込んでおいた効果が出たな」
罪袋「それはいいがとにかく話が進まん、とっとと趣旨を簡潔に説明しろ俺は解ってるが」
そら「アイ、アイ。
  まあ要はだ、此間行われた対戦の解説を俺ら3人にしろっていう話だな。
  つっても、いつもの如く4戦中後半2戦がひどすぎてそっちは闇に葬ることにしたそうだ」
ポテト「相変わらずひでえな、その辺りは。
   何があったんだっけか、ゆうかりんさんがうどんげをひたすら鞭でぶったたくだけの簡単なおしごとをしてた話も闇に葬るってことか?」
罪袋「それは忘れたほうがいいんじゃねえか…?
  実際、適当に3人並べた感も酷かったからなあれ
そら「それに積んで突破する挙句に毒技持ってないゆうかりんさんでガン積みしきった天然ピクシーなんて突破できるわけねえわな。
  吠えるかどくどくの投入も検討中らしいが」
ポテト「あのゆうかりんさんがそれを「はいそうですか」つって受け入れるもんかね」
そら「最近りぐるんの言う事には素直だから、あの子経由で言えば何とかなるんじゃねえかとか言うけどなあ。
  あと幻月姉さんの技構成というか、努力値配分から見直すのを検討中だとさ。準速からニトチャしてもたかが知れてるってんで、HCベースにするとか何とか」
ポテト「ぐぬぬ…なぜあのうどんげごときにゆうかりんさんの攻めを耐えきることができるのだ…オレも一応同じフェアリィではないのか!?」
罪袋「役割が違う、あきらめろ。
  第一、物理技範囲の狭いテメェで軽業腹太鼓したところで出来ることは限られてるし、押しつけられたところで俺も正直どうしていいか解らん。
  まだ不破の方が扱いに困らんぜ」
そら「師範ああ見えてわりと理解力たけーからなあ…むしろ逆に師範にシツレイなのでは?」
ポテト「………オレはいいのか(しろめ」
そら「(無視)あとはまあ、あれだ。みのみすさなえのサイクルは向こうが火力アホ過ぎてどうにもならんかったどころか、こともあろうにみすちーが炎技と格闘技しか持ってなかったという酷いオチでどうにもならんくて」
罪袋「技構成にもよるが、普通それなりのYT程度ならメガ馬車だけでどうにでもなるだろその辺?」
そら「叩き落とすか地震があれば全抜きコースだねえ。
  みすちーは意地っ張りA特化だから、ヤャンデラ相手といえど叩き落とすが56%の中乱(さとりメモ:勿論相手が道具もっている前提でですが)、地震だと75%の高乱だって因幡ねーさんが言ってたぜ。炎技はオバヒやフレドラじゃなくてブレイズキックだから、メガヘラに3割程度の低乱なのが気になるとこだが」
罪袋「裏マリルリだったみてーだからそこで試合終了の気配もするがな…兎に角残り2ラウンドは顔を覆うレベルで酷い試合だったのは解った」
そら「つーわけで簡単なおさらいはその辺にしとくか。
  今回、メインで取り上げるのはフルバトル2ラウンドだ」
ポテト「ふるばとる?(;^ω^)」
罪袋「………おい、そこから説明しなきゃならんか?」
ポテト「じょじょ冗談だよ罪袋長だからそのスリケンはしまってくださいおながいします(ガクガクブルブル」
そら「今回も「ノーマルバトル」「ハンデなし」の場合は参加ポケモンのレベルは一律50になる。
  当然だが、参加するポケモンの数も自由に決められるな。「ハンデあり」だと確かレベルがフラットにならないはずだが」
罪袋「フルバトルだと実質先発決めるだけだから楽っちゃ楽だが、長丁場過ぎてな。
  実際今回も相当もつれたが」
そら「パーティ組みした直後で、なおかつ見せあい63前提の編成だったから地味にそこでも困ったことになったんだよな。
  今回のフルバトルは両方つぐみチームのものだが、つぐみと藍様がメガ枠という2メガ編成だったわけで」
ポテト「2メガはねえwwwwネオジオ8メガショックやぞwwwwwwwwww
   あっでも浅見のU-1の別名義が2MB(ツヨイ・タタミ・ケンが頬の毛玉の一部を掠めてry)アイエエエエエエエエエエ!!??( ̄□ ̄;)
罪袋「次はその顔面を吹き飛ばす、いいね?(キリッ」
ポテト「アイエエエエエエスミマセン!!(やおらドゲザ」
そら「つかネオジオのキャッチフレーズ懐かしいなおい…。
  基本的に新しいPT編成では、メガ枠のポケモンが1ないし2体という風になっているな。
  実は我らがさとりんのPTはそのさとりんがメガ前提のサナだけど、裏選出として鉢巻カバルスィからメガ勇儀さんに繋ぐという選択肢もある。
  それ以外の時はオレが先発で出てしっちゃかめっちゃかに悪戯心でかき回したりするわけだが」
罪袋「物理に強そうな相手にはメガデンリュウ、電気が通らなかったり特殊に強そうならメガルカリオを繰り出していくパターンのハズだったんだよな。
  状況によって裏にアローかキッスを添えて、あとは強引にゲンガーの道連れで持っていくコンセプトだった筈だが…ホルードはなにすんだ?」
そら「一応いるとギルガルドを呼ばない
ポテト「………それだけ?」
そら「それだけ(真顔」
罪袋「普通に水ポケモンでもよかった説もあんじゃね? もっと言えば同特性のマリルリだが」
そら「まあそこは悩ましいところじゃあるんだが、これまでのポケモン単位じゃなくてPT単位の試みとしては初なんで問題点はこれから何時でもどうにでもなるって話で」
罪袋「そりゃあそうだがな」








幽香「まだ微妙に殴り足りないわあの兎(#^ω^)

ちゆり「流石の私の業界でもあれだけサンドバッグにしておいてまだ殴り足りないという話は聞いたことがありません(しろめ」
リグル「う、うーん…だけどこのメンバーだと地味に天然ピクシーが厳しいなあ。
   やっぱり私が先発で出て補助技でひっかきまわしていく方が良かったのかなあ…」
夢月「居座りをさせないにしても、私では役不足になる。
  それに教授のタイプ上、幽香と攻撃範囲が被るのも気になるところだわ。どうにかしないと、あの矛先は私達にも飛びかねないわよ」
ちゆり「( ̄□ ̄;)うへえそれマジで勘弁してくれよ!」
リグル「…やや軸が幻月さん側へ傾くけど、もう少し技構成の見直しまで視野に入れたほうがいいのかもしれない。
   もう少し、幽香さんに話をしてみます」
ちゆり「お、おい大丈夫なのか…?
   あいつ、技構成的にパーティと噛み合ってない、って文句言われたって理由だけでかごめと先日殴り合いの大喧嘩したばかりだし」
リグル「大丈夫ですよ、あの二人にとってはそれがコミュニケーションみたいなところだし。
   幽香さんだって見た目よりずっと私達の事を考えてくれてるから、なんとかなりますよ。それより」

3人が振り向いた先には、食い入るように式神中継の様子を見入っている幻月の姿がある…。

ちゆり「…そうだよなあ。
   あのひと、あんなに楽しそうにしてるんだし、私達もしっかりサポートしてやんないとな」
リグル「私達も見に行きましょう。
   他のパーティがどんなことを考えているのかを見るだけでも、勉強になるところだってあるはずです」
夢月「……そうね」



フルバトルの一戦めですぞwwwwwwwww

我の先発ですぞwww:みゆ(ファイアロー@脱出ボタン)
我の控えですなwww:つぐみ(メガデンリュウ)/てい(ホルード@シルクのスカーフ)/らん(ルカリオ@命の珠)/ルーミア(ゲンガー@気合のタスキ)/ポエット(トゲキッス@ピントレンズ)
お相手先発ですぞwww:おくう(ドンカラス@恐らくは達人の帯)
らんま(メガミミロップ)/メノウ(デンチュラ@気合のタスキ)/グリム(グライオン@猛毒玉)/れつ(ゴウカザル@こだわりスカーフ)/スミレ(ブロスター@こだわりメガネ)



ポテト「貴様…一体なぜここまで正確にアイテムが割り出せる…?
   さてはのぞきか!? うら若き乙女の控室をのぞいたな貴様何時の間にいいいいいいいいい!!( ゚д゚ )」
そら「落ち着けよ馬鹿。
  さとりんがあの馬鹿鴉にぞっこんラヴなのはお前も知ってんだろ?
  以前、さとりんがあの馬鹿に帯渡したっぽい話されてるし、こいつ普通に帯持ってんだろ。そもそもなんかキャラ的に火力アップ以外のアイテム持ってる気がしねえし、珠ダメはねえわ技の打ち分けはしてたで鉢巻もねえし。突撃チョッキだとこいつを落とした時の説明がつかん」
罪袋「ちなみに確かな筋の情報で、スカーフ持ってるのは烈とか言うジャリボーイだったらしい。
  ついでに、あとで説明するがスミレとかいうジャリガールは恐らくメガネでこだわってやがる。そうでないと説明がつかん案件が一つあるからな
ポテト「えっそうなの…?
   っていうか、そこまで解らないとポケモンできないの?(ガクガクブルブル」
そら「いや、まあ、出来なくはねえけど…」
罪袋「対戦するなら無理してでも身につけてえスキルではあるわな。
  こっちは基本、追い風軸だ。基本は絶対先制追い風に脱出ボタンの使える美結の先発が確定、つぐみと因幡兎は追い風下でそれぞれ140族(さとり注:メガシンカ後なら125族抜きです)、130族を追い抜く。ポエ子も130族抜きか。
  因幡兎いわく、自分とポエ子の素早さもうちょっと振って、追い風下で135族抜きの調整でもいいとかそんなことぬかしてやがったな」
ポテト「ぐ、ぐぬぬ…何言ってるのかさっぱりわからん…。
   だがなんか130族抜きとか言うのはうっすら聞いた記憶があるようなないような」
罪袋「加速後の抜き調整では五世代以前でとくに有名な調整先だな。
  一応貴様が軽業発動すると135族抜きになるようには調整してある
ポテト「( ̄□ ̄;)にゃにぃ何時の間に!!??」
罪袋「テメエが「ガールウォッチングに忙しいから勝手にしろ」とかぬかしてたから勝手に調整しておいた(キリッ
  別に本尊が動かなくてもその気になればいくらでも調整のしようがあるという事だよ
そら「(相変わらずだなこの人の能力…)
  今までは130族抜きならほぼすべてのポケモンに先手を取れたが、メガシンカがある現状だとそれじゃ足りないこともしばしばだからな。135族では相手にもいるメガミミロップ、あとはうちら側の金髪の子メガライボルトとかがそれに当たるし、抜いとくと結構お得なところだな」
罪袋「ホルードは相性的にメガライボルトに強めだから、抜けてると色々余裕ができそうだな。
  メガデンリュウはメガ後にSが下がるから、130族以上を抜くとなると性格補正が要る。そうすると火力がどうしても落ちるから、その辺はある程度割り切らんといけねえな。一応、ひかえめでCに212振ってるからメガシンカしなくてもそれなりの火力は確保できてるが」
そら「電気技10万だけどかみなりにしたところで確定数に差が出るわけでもねえしな」


そら「さて、初手美結嬢の追い風脱出が綺麗に決まり、メガシンカからの10万を撃とうとしたところでドヤ顔のグライオンが交代で出てきて、なおかつルーミア後投げされたグライオンもさっさと退場するという塩梅からスタートしたわけだが」
ポテト「でもよー昔のフルバトルと違って相手見せあいで見えてんじゃんよ?
   グライオンいるのが解ってんだったらどう考えてもグライがクッソムカつくドヤ顔で出てくる場面じゃね?
そら「なんだ、向こうのグライ姉さんはお前の好みじゃねえのか?」
ポテト「オレとしてはいきなり腕が外れたり魂風呂とかに入ってるようなのはちょっと…
罪袋「テメエの趣味なんざどうでもいいんだよ。
  …まあだが、ひとついいことに気付きやがったな。あのグリムとかいう死神野郎はポイヒグライだ。
  ポイヒグライなら基本がHBかHCだろうが、それでも6〜7割は持ってけるしポイヒの回復量を考慮しても2発受けは不可能だ。
  まして交代時にポイヒは発動しねえし、例え陽気HSだろうが追い風下の準速メガデンリュウは125族の先手をとれる。あれほど竜技の一貫が取れるPTなら10万打つ必要性がどこにあるんだって話だ
そら「にしてもルーミアを前にさっさと引く理由は」
罪袋「恐らく通る技がない、考えるまでもねえだろ。
  地震ギロチン身代わりまで確定で、あとは羽休めか守るあたりだろう。定数稼ぎのどくどくなんて気の利いた技をあの連中が入れてるとは思えねえし、それにしたってゲンガーには全く通らねえ。
  …そう考えるとあのグライ、陽気ASなんていうふざけたシロモノの可能性もあるが…それならギロチンなんぞいれず叩き落とすでいいわな」
そら「ねえとは言い切れねえのがおっかねえんだよなあの連中の場合。
  まあ逃げられることは仕方ないとしても、こっちからの選択肢はサポートにもなるこご風。連打してアホ鴉は落としたが、不意打ちでタスキまで持ってかれたのも痛かったな。ここで不意打ちをすかす方策を取っていればまた変わったのかもしれねえが」
罪袋「ところがそうでもねえんだな。
  実は、ラスト2ターンの立ち回りは美結を強引に突貫させていれば勝ち確だ。
  ラストが美結の場合はギロチン最大8発を全て回避する必要がある、かなりの運ゲーになるがな」
そら「えっそんなことが」
罪袋「オメエメガシンカの仕様忘れてるんじゃねえのか?
  …まあいい、話戻そうか。
  その後のポエ子とルンマス野郎が互いに大文字とかみなりを回避し合うというわけわかんねえ展開から、とりあえず追い風を1ターンだけ残して落とされたのを、タスキで残った分のHPを削って始末した。
  そののちは追い風が切れた状態で猿と対峙したわけだが」








♪BGM 「雷君」/PON♪


烈「(つぐみが強ぇのは知ってる…だったら、なんかされる前に一撃で吹っ飛ばす!!)
 悪ィが手加減する気はないぜ…喰らいやがれえ!!

烈の拳に気が集中する!
そのままおもむろに地面を殴りつけて地震の構え!!波打つ地面がつぐみに襲いかかるー!!(ナレーション:堀内賢雄

茜「ほう! 何時の間にかあの技までモノにしておるとは。
 武神鬼姫の「怒号裂破」じゃ、そう言えば一度戦ったとか言っておったのう!」
氷海「え…えー…?
  そんなのって簡単に真似できるようなシロモノなんですか?」
茜「ふふ、烈には面白い才能があってのう。
 一度自分で喰らった技であれば、属性的な制約など限度はあるじゃろうが大概見様見真似で習熟してしまえる。
 恐らく、かご姉お得意のデッドリードライブも今の烈になら使えるやも知れぬな」
氷海「(面白い…って。そんなの、世の多くの格闘家からすれば、喉から手が出るほど欲しいぐらいのとんでもない才能だと思うんですけど…^^;)」
茜「…じゃが、少しばかり気の練り込みようが足らん気がするな。
 鬼姫の本家本元なら落とせるやもしれんが…」

破壊力ばつ牛ンの一撃でつぐみは吹っ飛ばさr

つぐみ「………そぉい!!ヽ( °Д °)ノ」

えるどころかそれを反動にして大きく烈の方へ強烈な電撃を纏ったかかと落とし!!

烈「( ̄□ ̄;)にゃにい!!??」
つぐみ「そんな程度でやられてやんないよっ!!
   今度はこっちの番…ひっさーつ、ファフニールの帰還ッ!!!m9( ゚д゚ )

つぐみは10万ボルトの構え!
烈は一瞬でズタズタにされた…

テトラ「( ̄□ ̄;)うえええっそんなー!!」
ロコ「ピピピ…データ検索終了。
  つぐみサントイウカメガデンリュウハ、HP252振リダケデ陽気ガブリアスノ持チ物ナシA252地震ヲ耐エルソウデス★
テトラ「( ̄□ ̄;)何それ聞いてない!?
   っていうかその情報今必要なのいや確かに必要な情報かも知んないけど!!」


「なによ、大口叩いた割には情けないわね。
この私の手間をあまりかけさせてほしくないんだけど」


その時空間を走る切っ先がつぐみを捉えた!
一撃必殺!!
つぐみは裏世界でひっそりと幕を閉じた…

烈「…っ…てめえ…!」

「負け犬はそこで這いつくばってるといいわ。
けど…惜しいわねえ。MZDとの忌々しい契約がなければ、こんな上質な魂をオフロに入れればとびきりの「養分」になるんでしょうに。
ま、今回は見逃してあげるけど」

謎の少女はぐったりとしたつぐみの身体を解放すると一歩引きさがる…すると、そこにルーミアの弾幕が飛来して突き刺さった!
少女は忌々しげに、空中で黒い翼を広げるルーミアを見上げる…

「ムカつくわね。
今の私にはあんたをどうすることもできない…ポケモンの事は予習してきたつもりだったけど、相性とか以外に特性なんてのもあったのね。
…後の見せ場は譲ってあげるから、精々がんばりなさい…未来の「悪の帝王」さん

スミレ「ヽ( °Д °)ノむきー!! 何よ舐めた口利きやがってこの三流死神!!
   後の奴らなんてねー! この私のすばらしいパゥアーで刻んでミンチにしてミソラーメンの具材にしてやるんだからー!!><


かごめ「ちっ、面倒くさい奴が」
藍「…かごめ、恐らくあのグライオン、ゲンガーに対する決め手は持ってないと見た。
 ルーミアを使い潰すのは得策じゃない、私が出る」
かごめ「………あの馬鹿が水の波動撃ってきたら、基本的に相討ちだよ?」
藍「実質グライオンはルーミアを残せる限りいないのと一緒だ。
 ならば…残るメンバーで一人一殺すれば十分だ!」


♪BGM 「少女幻葬 〜 Necro Fantasy」(東方妖々夢)♪


ルーミアがスキマポータルにインすると同時に別のポータルを通りキツネニンジャ=サンがエントリー!

藍「ニンジャじゃねーよなんだこのナレンちょンは!!><
 ええい、ままよ!」

そのまま予想される衝撃に藍は身構える!

藍「(水の波動のダメージは特攻特化から喰らっても帯までならギリギリ耐える。
  奴は珠持ちの事が多く、生き残れる確率は低いが…耐えきればこちらの珠インファイトで75%は最低でも持っていける…そのぐらい削れば、あとは)…いいっ!?( ̄□ ̄;)」
スミレ「デュアッ!!!ヽ( °Д °)ノ

意外ッ!スミレが懐から取り出して装備したのはこだわりメガネ!!
スミレは水の波動の構え!
藍様はズタズタにされた!!

スミレ「うおらあ!!天下のクリスティー式、なめんなよォッ!!m9( ゚д゚ )

藍「いや、その…クリスティー式って戦車転輪のサスペンションの事で別に火力とは関係な…ガクリ(´ω`)」
かごめ&諏訪子&橙「( ̄□ ̄;)らんさまああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!??(ガビーン」








罪袋「メガデンリュウがH252振りのHP満タンなら最大乱数引いても99%で止まるらしいぞ、A252ガブの補正なし地震
そら「うっそくせえ…どんな馬鹿耐久だそりゃ。
  というか流石にグライオンの地震まで耐えないとはいえ、ここでつぐみまで失う意味は正直あったのかね?」
罪袋「ねえな、グライオンが来ること解ってるんだったらあとからそーなのかーぶん投げて、交代合わせでらんらん先生か因幡兎投げれば一撃は先生でぶちこめたはずだ。
  その因幡兎の計算でいわく、珠波動でH145D90ルカリオは75%程度の高乱数で、帯以下だと確定耐えするそうだ。一撃で倒して珠ダメがねえ、メガネ確定だろ
ポテト「うええええもうそこまで行くとオレには理解できねえよお><」
罪袋「まあそうなれば水弱点の因幡兎に耐える道理はねえ、地震でがっつり削り込んでやったが倒すには急所か鉢巻の火力が要る。結局奴は美結のアクロでたたきつぶし、問題は最後のシーンだ」
そら「メガシンカでSが逆転するのを見越して追い風だろ。
  でもよ罪袋長、そもそもメガから猫だましされたらその時点で試合終了じゃね?」
罪袋「まずは最初の鴉のブレバで残ったHPが37、確かにその通りなんだよな。
  どのみち猫だましされれば終わりだが、相手は何故かメガシンカせず普通に美結を落としにきていた。下手にメガシンカしてアクロで弱点突かれるのを嫌ったといっても、通常ミミロップの猫だましでも低乱数ながら落とせるHPだ。最悪出鼻を挫く意味でも猫だましを打つ意味はあったはずだ」
そら「とすると…あのミミロップ猫切ってたとでも?」
罪袋「あいつらダメ計しちゃいないだろうから、確実に落とせる方を選んでた可能性は大きい。相手から見たHPバーの残り量、猫で落とせるかどうか微妙な悪意に満ちてたろうからな。
  こっちは特性でメガミミロップの先手は普通に取れるし、美結のアクロバットでもぴったり50%の中乱でもってける可能性がある。メガなしのミミロップのHPも五割前後持ってけるし、その後ルーミアのマジカルシャインで弱点突けば問題なく終了だ。実際、奴のシャインでは7割持ってけるかどうかだしな」
ポテト「伝家の宝刀気合玉は?」
罪袋「実はこの時切ってたが、H4なら確殺だ。
  いくらメガロップになろうが、D上がらねえから特殊防御は一緒だ。上とって7割でこっちが勝つ。
  あとはグライオンはどうにもできねえし、こご風でもシャドボでも適当に撃ってれば勝ちだ」
そら「ちょちょ、待ってくれ罪袋長。そもそもメガミミロップのS135じゃねえかよ?」
罪袋「そうだな」
そら「ゲンガーのS110だよな?」
罪袋「それも知ってる」
そら「じゃあどうやって上取るんだよ!追い風必須じゃねえのかそこは!!><」
ポテト「そこはオレでもわかる理屈なんだよなあ。
   罪袋長ともあろうものがこの程度の小学生でもできる計算を」
罪袋「ドアホ。
  メガシンカしたそのターンの素早さ、どういう扱いになってるかよく思い出してみろスカタン共が」
ポテト「メガシンカの仕様…?」
そら「( ゚д゚ )!!
  そうだ、メガシンカしたそのターンは素早さだけ元のポケモンのままだ!!」
罪袋「そういう事だ。
  S105のミミロップの先手なら、ゲンガーが余裕で取ってくれる。
  しかも登場2ターン目なら猫だましも飛んで来ねえし、いくら肝っ玉で猫がゴーストに通るとか、タスキが飛んでHP1しか残ってねえだろうが関係ねえよな。
  もっとも、あのタイミングでルーミアがシャインじゃなくて気合玉を持っていれば…無論、その場合も勝率は気合玉の命中率だ」
そら「そうか…なんで猫飛んでこなかったのかは解らんが、こっちの勝ち筋は「猫が飛んでこないことを期待して追い風を打つ」よりも「猫が飛んでこないことを期待してアクロを撃つ」ことを選択することだったのか…!」
罪袋「でなきゃ、あそこでつぐみを潰してなければ、あの悪の帝王(笑)につぐみを投げて、そこから因幡兎の叩き落とすから珠ルカリオを暴走させる勝ち筋もあったはずだ。同じ2体を使って奴を潰すなら、その方がでかいアドバンテージを残せたはずだろう。
  スミレがメガネ持ってようが、あの乱麻とかいう小娘が猫だまし持ってたか切ってたかなんざ関係ねえ。いちばんの問題は、あの馬鹿スミレに対しみすみす何もさせずに2体持ってかせたところじゃねえかなと、俺は思うんだがよ」
ポテト「むむむ…」
そら「何が「むむむ」だホントに解ってんのかこの馬鹿。
  成程な、思い返してみれば立ち回りだよな。同じ捨てるにしても、適切なステ時というのはあるんだな、いい方は悪いが」
罪袋「そんな見極めの悪さではナムの地獄を生き残れん! 解ったかクソ毛玉!!m9( ゚д゚ )
ポテト「( ̄□ ̄;)アイエエエエエスミマセン!!(NRS&やおらドゲザ」
そら「いや、そういうのいいから(呆」


罪袋「つーわけで長くなったが最初のフルバトルの解説は終わりだ。
  次は勝つには勝ったものの…まあ、これも思い返せば結構酷かった場面はあったな。危なげなくと言えばなくだろうが」
そら「あれは本当に顔を覆うレベルでしたね罪袋長(しろめ」
罪袋「確かにあまり見ねえメガシンカとはいえなあ。
  まあいい、とりあえず次へ進むぞ。おいそこの毛玉、適当になんか引いとけ」
ポテト「ヨロコンデー!!><」

三◆pokemon◆

そら「忍殺アイキャッチ風ッ!?( ̄□ ̄;)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どんなの想像していたんだと思われそうですが、自分が思ったよりはグリムが悪街道では無かったw

>技構成
基本的によほどのことがない限り伏せるつもりがないのでバラしますが、グリムは残りの枠が剣の舞ですね。
舞ってから普通に殴り倒せるのも死神らしいだろう。というのもありますが結局のところは、守るとかいれてガッチガチなポイヒグライオンにするのがあまり趣味じゃないという個人的な理由ですw
クレッフィに電磁波を採用しないのとなんか似たような理由(こんなだからレートとかに行こうと思わないというw)

>猫騙し
こっちは純粋にミスですねーw
ミミロルミミロップなら素で猫騙し覚えるんだろうと調べずに厳選して、終わった後にタマゴ技と知った口です。
こっちは覚えさせる気満々でしたよw 安心してメガシンカ出来るので。
ATI
2016/06/26 20:41
いやほら、見た感じわりとお高くとまってそうな感じじゃないですか、グリム(そういう問題じゃねえだろ
というか本当に予想の斜め上行ってたのかあいつwww別の意味でだけどwwww

何気にミミロルには猫に三色パンツまで遺伝可能なのと、肝っ玉でゴースト相手すら問答無用に強制停止させられるので再厳選を視野に入れてもいいぐらいの必須技でありますよ(´ω`)
追い風を選択したのも半ばやけくそでしたがそうでないなら本当にアクロで突撃かけてりゃ良かった(まだいうか
海月@貧弱管理生物
2016/06/27 02:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポケモン対戦ログ(2016.5.23) そのいち 狐の座敷牢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる