狐の座敷牢

アクセスカウンタ

zoom RSS 羊頭狗肉

<<   作成日時 : 2012/06/28 17:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ポップン次回作ロケテ始まったそうですね。


今度は大幅なレベル改変だそうでいろいろといろいろらしいですね。
細かく段階分けたところでかえって混乱が大きくなるだけの気はするんですがどうでしょうか。かと言ってjubeatみたいに同じ10でも雲泥の差があるようなのもあんまりと言えばあんまりなんだけど。

曲情報に関してはまだウワサの域でないけど、小耳に挟んだところでは空想メソロギヰ(未来日記OP)が入ってるとか聞くんだがマジかそれ?
コネクトといいメソロギヰといいポップンは一体何処へ向かおうとしてるのだろう。まあとっくの昔にアリプロがいるんだから気にしてもしょうがないんだろうけど。


あとサントラのロング収録が



ピュアクルリップ




だそうですなwww
我の周囲には広く役割もてそうですなwwwwwwwぺやっwwwwwww



そんなこんなで音ゲー関係は動きないのでここまで。


ポケモンは全員のレベルを20台まで底上げしてヒウンジムを突破。それでも普段は過剰なまでにレベル上げてなおかつ弱点タイプ揃えて挑むところ今回は低レベルでオッスオッスしに行くとかわりと無謀である。それでもゴルバットのレベルが22あればハハコモリの居合も確3くらいになるので余裕で突破できるわけだが。

これに勝っていろいろ街を巡ってみると、前作ではダンサーがなんかやってた広間で、下水でであったみょんな白衣のにーちゃんに絡まれる。発売前からキーキャラとして紹介されていたアクロマである。
先のネタバレが何処でもされてないので俺も結局こいつがなにしたいのか今のところよくわからんのだが、こいつの言葉を信じる限りはプラなんとか団とはとりあえず無関係で、なおかつ連中がお題目にしていた「ポケモン解放」とは真逆の考え方を持っているようである。

しかもなんか喧嘩売ってきたのでこっちも受けてやることに。まあどうせNOといってもバトルする羽目になるんだろうけど
4番道路にこいというので向かう途中、今まで姓名判断士がいたところにお守り小判をくれるじーさんが。どうみても先に来るべきでした本当にいかりゃく。
何かこのパターンPtでもやったような気がする。ひどいデジャヴだ。


4番道路は完全に様変わりしており、道路工事は途中で遺跡が出たので中断されてそのまま遺跡になっている模様。
その先に何かに道をふさがれているところにアクロマさんがいて、彼がなにかする(というか、どうも薬を使ったらしい)とイワパレスどもがわらわらと去って行って先に進めるように。
バトルそのものは向こうのレベルも低く数も少ないので楽なものですが、砂嵐に強い鋼ばかり連れてるとかこいつ絶対忍者だろ汚いなさすg

ライモンシティの入り口にもなんか変な場所が出来てて、紆余曲折あってここのオーナーになることに。
で、あいさつのセリフとか聞かれたんだけど、


画像



これしか思いつかねえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


もう一つのセリフはもっと適当です。ひどいな。でも多分クリア後まで放置大安定だろうがな。

ライモンシティは元々ジムのあった場所が遊戯場になってて、しかしジムへ行くと神ツレさんはそっちに遊びにいってるという話が。
元ジムの構造は前作と一緒で、なおかつトレーナーはボンボンなのでごっそり稼ぎます。つかレベル差があるからと言って水タイプのさやかあちゃんを先頭に押し立てていく狐野郎も大概である。
そして奥に行くと「神ツレさんはジムに帰った」という。ひどい話である。

ライモンジムはファッションステージになってて特に変わったところはないです。精々神ツレさんが黒髪ツレになってた程度です。カミツレさん何があった。
レベルはここまできてようやく手持ちがジムリより少し上な程度、しかし完全に上回っているうちの片方はさやかあちゃんなので実質アテにはなりません。フタチマルでどうやって一致ボルチェンを耐えろと言う(
しかし主力のはずのヤマーメさん最終進化も虫タイプなので電気馬のニトロを喰らうとその時点でお亡くなりになれそうです。つかニトロ受けられる奴が居ねえよなんだそれ。結局凄まじい交代戦の末、なんとかヤマーメさんの穴を掘るで馬を、ムカつくムササビは序盤のうちに電磁波で動きを封じポイズンテールで始末して終了。

ライモン周辺では、15番道路でゾロアークのいた森にいたゾロアーク(!)からバークアウトの技マシンがもらえますが、まあそのくらい。
5番道路ではベルから夢特性持ちのいる「隠し穴」のことを教えてもらったり、日替わりで努力値を下げる実を売ってくれるおねいさんがいたり。PDWとはいったい何だったのか。


様変わりと言えばホドモエもなんというかリゾート地化してましたね。
跳ね橋を渡ったところで黒服のいつもの連中()と、懐かしい恰好をした白いの()がもめていましたという。

どうやら散り散りになったプラズマ団は、また何か悪さを始めようとしている黒い連中と、白い方に案内された先にいた元七賢人・ロットとともに自分たちのせいばかりではなく様々な理由でトレーナーと生き別れたポケモンを保護する活動をしている連中に分かれているという事が解ります。つかプレイヤーを試す理由でいきなりロットが牙抜いてきますがそれほど強敵ではないのでさくっと勝負がつきます。
そしてちょっと前(ライモンシティを出る直前)に解ることですが、ライバルがここまでプラズマ団を憎む理由も明らかになります。後にヤーコンさんとのやりとりからも伺えますが、彼らも彼らで辛い道を選んでいるのでしょうか。これがあのヒキョウでアワレなプラズマ団と同じ連中なのかちょっと疑わしいレベル(

ここでロットから、元々Nと生活を共にしていたというゾロアを預かるのですが、



個体値を調べてみたらまさかの6U



あとで知った話ですけど、ごく稀に野生でも「Nのトモダチ」というポケモンが出現し、そいつらの個体値も6Uだそうです。つかこのゾロア、遺伝の不意打ちやカウンターがないくらいでめざ格70の性格せっかちとか出来過ぎてんですけど…。

ここでそのNゾロアとさやかあちゃん、おぜう、ヤマーメをポケ黒に送って努力値を振る作業。
予想してましたがどいつもこいつも個体値が壮絶に低かったです。特にさやか。こいつの能力高かったらそのまま採用かと思いましたが結局ここで乱数をいじくってミジュマル(とフシデ)を確保。元の連中はもちろん白2に戻しましたが、同時に主力30余も白2へ。ここからはめいっぱい野生ポケモンをつかまえて、ボックスが埋まり次第第二陣を移住予定です。つか早くクイックが大量に確保できないと資金がかさんでしゃあない。

ヤーコンさんは相変わらずのヤーコンさんでしたが、ジムは内容が一新していて前作より面倒くさいです。強いていえばジョウトのエンジュジムを少し簡単にして道中を長くした感じです。
ここではさやかあちゃんがレベル34まで上がっていた揚句、帰す際に剣舞とシザクロまで持たせたので負ける要素が何処にもありませんでした。仕方ないね。


その勢いで、コンテナ地域を改装した「ポケモンワールドトーナメント(PWT)」へ。
経験値は得られませんがトーナメント形式で過去作のキャラとかと戦えるというアレです。今はホドモエ地域限定のようですが。
つかここでも意味ありげに登場するアクロマさん。ナレーションを聞く限りこの男、えれえ強いみたいなんだが一体何なのぜ。

そしてチェレン、ライバルとともに黒ズマ団の停泊中アジト、プラズマフリゲートにのりこめーして下っ端どもを片づけると、ボス()がこちらも元七賢人のヴィオであることが発覚。チェレンも言ってたようにコンテナの中で震えていた七賢人()である。同じ七賢人なのにヴィオとロットの二年間に一体なにがあったのか…。
そして彼らと行動を共にしているらしいダークトリニティに追い出されてイベント終了。今回はここまでである。はしょりにはしょってあと2回くらいで終わるかのう。多分何処かでレベル93まで上がっためるぽとか混ざってくるんだろうし(



あ、あとこれもどうまとめたもんか思案中ですが、放置していたポケ白もクリアしました。
ジヘッドの状態で送り込んだれーむさんがこともあろうにラストバトル終了後に最終進化するなどというハプニングはありましたが概ね予定調和でした。ジヘッドに負けるサザンドラとかなにそれこわい。



今日はここまで。



画像


ピンクターボが幻想入りしたと聞きましたがさて



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
羊頭狗肉 狐の座敷牢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる