狐の座敷牢

アクセスカウンタ

zoom RSS 東方黒点携帯獣紀行4

<<   作成日時 : 2012/04/29 11:50   >>

トラックバック 0 / コメント 2

4回目ですね。
ここからストーリーも佳境ですがあと何回くらいで一周目終わるのか(


今回はフキヨセ〜リュウラセンの塔までです。実は既にリーグまで到達してるけどそんなの関係なかった
実は元からマリチュウをぶっ飛んだジムに投入しない予定とかそんなのは全くありませんでしたので、今回進化が間に合ったので容赦なく投入してます。
ゲーム内の時間でフキヨセ到達が大体9:50。遅くもなく早くもなくの普通のペースですね(´・ω・`)



************************



♪BGM 「ビッグブリッジの死闘」/植松伸夫(FF5)♪



前回の続きッ!!
魔理沙は発情したアリスに追いかけられながらスカイアローブリッジを大爆走していたッ!!!(



アリス「うおおおおおおおおおおお待てえええええええええええお持ち帰りいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!
魔理沙「ままま、待てと言われて待つ馬鹿はいねえええええええええ!!><
   くく、くそう捕まったら何をされることかッ…うわあ!!?」


魔理沙は転んでしまった!


アリス「イヤッホオオオオオウ!!!ヽ(*´Д`*)ノ


おや?
まりさの ようすが…?


画像


魔理沙「…!?
   そか、私これ(安らぎの鈴)持って走ってたし、ひょっとして走ってる間にレベルが上がって…おっと!」


アリスの ドラゴンダイブ!
しかし アリスの こうげきは はずれた!



魔理沙「( ̄□ ̄;)なんでハハコモリがダイブ使えんだよ!?
   …ええい関係ねえな…それに」
アリス「ま〜り〜さ〜…おもちかえりいいい…!( ゚д゚ )」
魔理沙「ピンチなことには変わらんのは確かだ…さてどうしたものか…」


1.ハンサムガールの魔理沙さんは逆転の秘策を突如閃く
2.頼りになる紫もやし図書館魔女が華麗に助けに来てくれる
3.このままアリスにお持ち帰りされる結末は変わらない、現実は非情である(キリッ



魔理沙「…なんだよこの嫌な3択…('A`)
   けどまあ、こういうときは選択肢にない4番目の選択というものがある!」


画像


魔理沙は懐から石を取り出した!!

魔理沙「悪く思うなよ、かごめ。
   この魔理沙さんを散々コケにしてくれたんだ、このくらいのラフプレーはさせてもらう…私も貞操が惜しいからな!!!(ドヤッ


おや? まりさn(ry


画像


魔理沙「吹っ飛びやがれ…マスタースパークッ!!」





かごめ「…やはり貴様の仕業かこの白黒…!!(#^ω^)ビキビキ」
魔理沙「(つーん)ああそうだよ私だよわーるかったな。
   こっちは散々馬鹿にされた揚句、危うく女相手で純潔失うトコだったんだ。このくらいのことは許されてしまるべきだろ」

アリス(だったもの)「(へんじがない…ただの焼死体のようだ)」

輝夜「うぇーつまんねーのー、これじゃあ結局フキヨセでも私の出番ないってことじゃない」
魔理沙「そういうことだ。
   これで文句なく私を主力に据えざるを得ないよな?」
かごめ「ちっ…この白黒覚えてやがれ…」





……


かごめ「…というわけで思ったより魔理沙の野郎が早く進化しやがったので、ここからは対空戦の主力として運用できるようになったわけだ」
早苗「実際はどこでしたっけ?
  電気石の洞窟で思い出したように戦闘に出してレベルが上がったら、いきなり進化したような
かごめ「多分あの白くてヒキョウでアワレなえーと…プラ…プラなんとか団をぶちのめし始めてすぐだな。
   レベル37だから随分かかった感じがするが」
早苗「連れて来て9レベルも上げるまでピチューとか、本気で苦行でしたね
かごめ「まったくだ。
   そう言えば電気石の洞窟というと」



画像


かごめ「これか」
早苗「これですかー」
かごめ「もういい加減にしろというな。
   HGSSというか金銀のセリフじゃねえけど、誰もお前ら待ってねえからという
早苗「いやもう何とも…^^;」
かごめ「つか腹立つのは追加アイテムがな。
   なんだよ「でかいきんのたま」に「おだんごしんじゅ」って。
   一体何を狙ってるのばかなのしぬの」
早苗「あー、いやその、かごめさん。
  それ触れずに黙ってさえいればいいことだと思いますから、ええ^^;;」

早苗「電気石の洞窟だと博士から幸せタマゴとか、あとは磁石に雷の石、光の粉と有用なアイテムがいくつか手に入るんですよねー。
  というか光の粉をわざわざメインからもってくる必要あったんでしょうか?^^;」
かごめ「うーん…今となってはふたつもあってもいらん気がするわなあ。
   ってもそもそも向こうに余計にあってもしょうがない気もするわけで」
早苗「のん気のお香もありますし」
かごめ「まあねえ。
   そんなこんなであの妖怪黄ばみネズミのままにしておく理由も特になかったし、高速でライチュウ先生に進化していただいた。
   産まれた時点で必要な技は一通りそろってもいたし」
早苗「と言っても、流石に気合玉がなかったのでN戦では相変わらずのポジションでしたけど^^;」


画像


かごめ「そしてフキヨセに到着したわけだが。
   実はジム戦の前にタワーオブヘブンに行かされたり、勢い余ってP2ラボ行ったりもしてるんだが」
早苗「というかP2ラボなんて行く意味あったんですか?
  確かに10万ボルトとか滝登りとか落ちてますけど」
かごめ「んや別に。
   強いて言えば経験値稼ぐぐらい?」
早苗「そのくらいですよねえ」
かごめ「電気技だったらタワーへ行く道中のバトルガールが気前よくチャージビームをくれたりするしな。
   あれもフキヨセ攻略の救済策なんかね」
早苗「どうなんでしょう?
  それを言ったら電気石の洞窟そのものがそうだともいえますけど」
かごめ「あと山小屋で交換できるエモンガもだろうが。
   そもそも序盤でダンゴロやシママも捕まえられるからそんな苦戦する要素もないはずなんだが」
早苗「今回はほぼ魔理沙さん以外何もしてないですね」
かごめ「だな。なにしろ」


画像


かごめ「このレベルで負ける要素があるのかとwww」
早苗「でっすよねーwww」


かごめ「結局それ以外誰も戦闘に出てないから、ジムを抜けたらそのままネジ山へGOという。
   そもそもフウロの手持ちも能力と習得技がかみ合ってないことに定評のあるケンホロウ、攻撃性能が低すぎて話にならないココロモリ、でもって電気4倍だから能力のわりにあっさり落とせるスワンナという」
早苗「まあ…実際私も苦戦しなかったですが^^;
  ホドモエのほうが余程辛かったです><」
かごめ「アニポケのフウロとか見てると正直( ゚д゚ )ハァ?なんだけどな、そのおかげで。
   そう言えば、ぶっ飛んでると言えば」


画像


かごめ「これもひどいよなwww」
早苗「どうみても痴女です本当に(ry

かごめ「このジムでもらえる技マシンは実質2つ。
   滑走路に隠されてた燕返しとアクロバットだな」
早苗「アクロバットは本気で凶悪ですしね。
  もしスワンナのオボンが発動されていると骨になりかねないような」
かごめ「裏返せば一致弱点で瞬殺しないとロクでもないことになるってのは同意だな。
   不一致ですらふざけてるのに一致で威力110はシャレにならんて。
   まだ使える奴はいないけd」
早苗「メラルバが覚えますよ(キリッ
かごめ「【えっ】」
早苗「一応覚えますよ
かごめ「…………………………………まあいい、今は重要なことじゃない(キリッ」


画像


かごめ「流石にジム戦終えたばかりだからヒキョウにも挑んではこないと思ったが」
早苗「これある意味、さとりさん見たら泣きますね^^;」
かごめ「頭がHな鴉ですら何時の間にか心服されるほど私のオーラがにじみ出ていたことに驚きを隠せなかった(ドヤァ

魔理沙「・えちょ それただの恐怖政治の賜物wwwwwwww」
ユルール「魔理沙さん命惜しくないんですか^^;;;」

かごめ「(#^ω^)(何故か手元にあったロープを引っ張る」

魔理沙の頭上にコンペイトウ666号(100t)が落っこちてきた!
一撃必殺!!


ユルール「( ̄□ ̄;)!!!!!!!!!!!!(声にならない叫び)」

早苗「( ̄□ ̄;)あわわわ…(おろおろ」
かごめ「自殺願望があるならいくらでも介錯してやるぞ(#^ω^)」


かごめ「ネジ山も地味に長いダンジョンだから、もういちいち野生ポケモンと戦うのも面倒だしあらかじめ大量にシルバースプレーをもちこんで強行突破したわけだが」
早苗「でも突入時点で秋だったはずなのに、何故かクマシュンが全然出てこなくて
かごめ「夏ですら超低確率で出るはずなんだがなあ。
   まあでてくる9割が面倒なガントルなんで無視するのが一番良いんだが」
早苗「道中のトレーナーもガントルが多いから、地味にユルールの仲間作りが冴えわたるというか」
かごめ「シンプルビームも覚えるんだけど、下手すれば火に油を注ぎかねない単純よりも、直接シングルバトルには関わらない癒しの心を押し付ける方が有用だと思うんだよな。
   実際ハマった時の遊牧民はなかなか頼りになるから恐ろしい」
早苗「そう言えば入り口でヤーコンさんも言ってましたけど、この時点ではプラズマ団も大人しくしてるみたいなんですよね」
かごめ「ここからようやくというか、尻に火が付き始めた格好になるんだろうしな。
   主人公をたかが子供と舐めきっていた結果がこれ
早苗「歴代の悪の組織はそんな感じですけどねえ。
  まあのん気というか」
かごめ「過去作でも、中盤辺りで急に悪の組織がなりを潜めて潜伏すると、次に姿を現した時にはまあとんでもねえ事になってたりするわけだが。例えばリッシ湖爆破とか。
   そう考えると危険視はしてても、作戦遂行上は相手にしてないという余裕とも受け取れる気はするな。むしろ虚勢かもだが」
早苗「まあ…実際に滞りなく作戦スタートしてますし」
かごめ「そこなんだよな。もしかしたらゲーム中にのこのこ出てくるのは普通のボンクラ下っ端であって、作戦遂行に携わったエリート団員とかも普通にいるのかもわからんね」


かごめ「ネジ山を越えたらセッカジムに挑戦となる。
   ここ仕掛けが面倒くさいんだがな」
早苗「キッサキほどじゃないでしょう、けどフロアの広さがあるので長く感じますけど」
かごめ「そんなに難しくない分ややこしくはなってるから尚更なんだろうな。
   ただ、その分と言っては何だが…ハチクはかなり弱い
早苗「('A`)えー…と言っても確かに個も苦戦はした記憶がー…」
かごめ「なにしろ冷凍ビームと吹雪が飛んでこないからな、とにかく火力が低い。
   キッサキとか最悪だぞ、ノオーメノコが当たり前のように吹雪ぶっぱなしてくるし」
早苗「でもこっちにだって氷の息吹があるじゃないですか」
かごめ「急所加味しても冷凍ビームより威力低いアレがか?
早苗「あの…えーと」
かごめ「そもそも過去作の氷タイプジム・四天王はその世代のポケモンにもよるけど大体両極端なんだよな。
   カンナとヤナギじいとスズナは明らかに凶悪なんだが、プリムの空気感はマジでヤバい。ハチクさんは残念ながらそれに匹敵するくらい弱い。
   もし霰から吹雪連打とかされると普通に狂ジムになるんだろうが、そんなこともしてこないしな」
早苗「そんなの本気で勘弁してほしいですよ…('A`)
  吹雪と言えば諏訪子様いわく、初代赤緑は吹雪が命中90・凍り率30%とかいう意味不明技とかわけのわからないことをおっしゃってましたが」
かごめ「アレは本気で意味がわからん、当時は凍りなんて自然回復しないから、シングル戦だと即死同然の扱いになるし。
   しかも技マシン経由で使える奴多かったからな。当時特殊攻撃にも高性能だったケンタロスとか、あのスピードから平然と吹雪ぶっぱなしてくるからひどいもんだよ。
   今でもノオーの必中吹雪とか本気でsYレにならんけど」

かごめ「ジムを越えるといよいよ、これまで沈黙を守っていたボンクラ共が強硬手段に出て、リュウラセンの塔を爆破して侵入という事態に」
早苗「ようやく何か悪の組織らしくなってきたというか」
かごめ「「おら!ゆめのけむりだせ!!」とかだとただのチンピラだしな」
早苗「うわー今更その話を引き合いに出すんですか^^;」
かごめ「でもやってることのレベルはシッポウシティで悪さしてた時と大差はないんよね。
   4階位に来ると連続戦闘させられたり。
   正直面倒くさいから二人がかりで来いよどうせ弱いんだから
早苗「えちょ…それこっちのレベルがかなり高いからそう言えるんでは^^;」
かごめ「多分よほど妙な縛りでも入れてない限りそんなこたねえよ。
   精々でてくる中で面倒なのはレパルダスかダストダス程度だし、ミルホッグなんてただの経験値の塊だぞ」
早苗「そ、そこまではちょっと…一応油断してるとけたぐりとか飛んできますし^^;;」
かごめ「とにかくこいつらを蹴散らして上に登っていくとだな」


画像


かごめ「なんか鳴きましたよwwwwwwwwwwwwwww
早苗「いやこの鳴き声は本当にないですよねwwwwwwwww」
かごめ「レシラムも十二分に酷いけどな。
   パール時代のパルキアといいゲーフリは何を狙っているのか…」
早苗「これで最上階でゼクロムととともに飛び立つNを見送って、そのあと古代の城の最下層まで行くことになるんですけど」
かごめ「アレもなんで発掘直後のフロアにいち早くプラズマ団がはびこってるのか本気で意味解らんよな。
   のんきなのはむしろ、組織の方じゃなくてこっちサイドのジムリーダーとか警察とかじゃないかと」
早苗「あ、でもほらアクア団も入場者として海洋研究所に団体で入ってましたし…」
かごめ「…随分懐かしい話を引き合いに出すな…。
   最下層に到達すると、ゲーチスが出てきてなんか意味のわからない独り言ぶつくさ言って、わざわざ露骨にアデクさんを押しのけて出ていくんだよな。
   あれギャグ4コマでそのままアデクさんにヤクザキック喰らわせ続けられるとかいうパターンありそうだよな」
早苗「なんでそんな解りにくい展開を^^;;」
かごめ「それは置いといて、結局古代の城も徒労に終わったわけだが、そのあとは「ソウリュウジムのリーダーがもしかしたら知ってるかも」という話でようやく先に進めるようになる。
   古代の城に寄り道させられた時間返せよ(キリッ
早苗「いやまあ、確かに^^;
  というわけで、次はいよいよ最後のジム戦ですね」
かごめ「うむ。早かったんだか遅かったんだか…」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>ハマった時の遊牧民
タブンネになってやることがガラリと変わっても根っこは変わらないとは恐るべし…w

>氷タイプ
確かにスズナはというかあの中のユキノオーユキメノコは恐ろしい相手でしたなぁ…、それは単にこっちが草タイプ統一だったからだろうと言われればそれっきりな気がしますがw
ユキノオーであられにした後にユキメノコが必中吹雪と雪がくれ+影分身しますからねぇ…、ユキノオーはユキノオーで油断すると気合玉ぶちかましてきますし、ろくに外さないしw
ATI
2012/04/29 21:54
>歪みねぇ遊牧民
まあそもそも攻撃技を持たせるかどうかもかなり悩みましたがな(´・ω・`)
しかし結果的に仲間作りが凶悪なのでそのうちトリルを持たせて嫌がらせに特化しやがるのかもしれません。どんな遊牧民だこいつ。

>こおり
キッサキジムも十分悪夢のジム(普通に半減タイプで攻め込んでも一撃で倒せなけらば普通にhageるレベル)だけど、特に初代赤緑のカンナは初見殺しで有名な四天王でしたしね。
当時はCOM(と野生ポケモン)はPPを無視して好きなだけ技を連打してくる仕様だったので、カンナのラプラスはそれこそ狂ったように吹雪とあやぴかを連打してきやがるのです。あんなんどうしろと。
リメイクで戦いやすくなったのは正直あいつくらいのもんです。その代わり赤緑時代は水鉄砲やオーロラビームしか撃って来なかったヤドランやジュゴンが普通に波乗りしたりサイキネぶっぱしたり冷凍ビームしてきますけど。
海月@管理人
2012/05/01 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
東方黒点携帯獣紀行4 狐の座敷牢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる