狐の座敷牢

アクセスカウンタ

zoom RSS かごめさんとユカイ(?)なヤツらがイッシュで暴れてくるようです(仮題 1

<<   作成日時 : 2012/01/30 00:20   >>

トラックバック 0 / コメント 3

やあ(´・ω・`)
ようこそバーボンハウスへ(ry


最近見事にユビートばっかやってたら見事に書くことがなくってですね
一応ヘブンリー黄までは解禁して残り出せてないのがTAGのアレとイエローヘッドだけなもんですし、特になんかみょんなの繋いだわけでもないからとかく話題がなくて。ポップンなんてまた半月くらいやってないよ助けてママン。

かと言って先日のログもまだ(脳内では)未消化状態なので、とりあえずネタがある方ということで前々からチラッしていた「残念な高個体ポケを全部Wに送って1から開始」の話をしどうしようと思い立った次第です。


でもその割には全く進んでないわけでして(


HGでちょっとおかしな生き物を厳選してるせいもある(一応性格と性別は現時点で固定してあるけど)ので、それが終わったら一気に行くとは思うんだけどどうだろうねえ。
小傘描きたいんですよ小傘。関係ねえか。大体最近またちょろちょろと線画増えてるし。


そんなことはさておいて、今回はスタートなのでどうでもいいコンセプトや序盤の話をちらほらと。
と言ってもストーリーめいたものは基本的にしません。対戦ログよろしく基本対談形式でまったり進みます。まあ進行はかなりハイスピードだけど(



君はこの先に進んでも(ry




************




-ここはポケモンの夢の世界-



?「………いやいやこれちょっとおかしくない?
 そもそも私、基本的にはPDWやらないし、夢特性なんて基本的にはかごめとかユルールとかに余りを回してもらうのが主だしさー。
 …確かにシャクな話だけど」


?「けど現実に、まあ信じがたい話じゃあるけどこれはPDWの世界みたいよね。
 …まあこんな手の込んだ悪戯をする奴の心当たりはだいたい決まってくるんだけどー


??「ふむ、流石に片っ端からスキマでここに落とせ、とは言ったが…いくらなんでも説明抜きはやり過ぎじゃあねえのか?」
???「だって逐一説明しても、はいそうですかと言いそうにない子ばかりじゃないですか。
   こういうのはある程度見切り発車で進行しないと」
??「お前そう言えば、今あたしたちの目の前にいる人形使いがジョウトに行ったとき、少なくとも目出度い色のアレと蓬莱人を巻き添えにしてるよなわりと問答無用で」
???「人聞きの悪い、霊夢に関しては否定しませんが、あの蓬莱人は勝手に混ざってきたんですのよ。
   嘘だと思ったら紛失して久しいログを見返してみればよいではないですか」


?「ちょっとそこの首謀者ども。
 何被害者の私を無視して勝手な話してんのよ。
 …というかここまで綺麗に予想通りだと吐き気すら覚えるわ…



♪BGM 「人形裁判」(緋想天)♪



かごめ「いやな、丁度こっちの育成計画も完全ひと段落ついてヒマだったからよ。
   こっちの方で余った孵化余りの、個体値関連がぶっ飛んでる色々残念な個体でサブROMを起動するという話になってだなあ
アリス「…それどう考えたってあなたの勝手な都合じゃない。
   それになんで私が巻き込まれなきゃならない必要があんのよ。
   ただでさえタダ飯ぐらいの大喰らいが少なくとも2ひk…じゃなくて2りもいやがるのに」

※2りとはピンクの悪魔&時のはざまの悪魔(林檎設定による)

かごめ「お前そもそも食事なんてとらんのだろう、幻想郷の魔法使いってそんなんばっかなんだし」
アリス「そこまで都合よく行かないわよ。
   燃費がいいだけで、まったくの絶食状態だと色々不都合は出る」
紫「元が何であれ、出来る限り魔法使いとなる前と同じように食事や睡眠をとっていた方が、能力パフォーマンスの向上につながることは確かだって聞きましたわね」
アリス「そういうこと。
   第一私が食事しなくても、あの子達みたいに就労能力のしの字もないなら、その食費稼ぐのは基本的に私よ。
   …食わさなきゃ何食われるか解ったもんじゃないし…いや実際にこないだお気に入りの椅子が一脚犠牲n
かごめ「……もう余計な見栄に拘ってないで魔界へ送りつけたらどうだ?^^;」
アリス「考えとく…命には代えられないし
   ……って有耶無耶にされるところだったわ。
   だからなんであんた達の道楽に私が巻き込まれなきゃならないのよ」
紫「答えは一つですわ。
 アリス、つかぬ事を聞きますが…私達の関わる中で、誰かポケモン新環境のストーリーテリングをした人、誰かいましたっけ?
アリス「…?
   かごめ達かユルール達がしてなかった?
   私はあの当時忙しかったからわりとサクッと進めて」
かごめ「あの当時リリカ達がアーモロードで暴れてたことをお前さん知ってるか?
アリス「( ̄□ ̄;)!!??
   あ、あれそういえば…そう言えば新環境も冬になるまでどかどーとか書いてたような
紫「丁度リリカ達もユルール達も、アーモロードで三龍狩りしてましたわね…」
かごめ「あの片手間でわりと一気に終わらせたしなあ
アリス「そ…そういえば…」

かごめ「まあそういうわけでなあ、ちょっとPDWという形をとって、本来は対戦相手同士であるあたし達でPT組んで、基本は早苗のたどった道をたどっていくというコンセプトで触れていこうという話を、こないだ藤野家会議で

アリス「それどうせあなたとそこのスキマとMZDとか言う胡散臭いのの謀議密談でしょ(呆」
紫「否定はしませんわ^^」
アリス「( ̄□ ̄;)しなさいよ!
   というかあっさり認め過ぎよ!!ガンジーだってもうちょっと抵抗するわよ!!!」
かごめ「一応神綺様にも話はしといたが、まーあの親馬鹿はともかくお前さんところのメイド長がとても話が解る奴でな。
   “神綺様のアリス様に対する態度があまりにもムカつくので、アリス様の気分転換にもなるしぜひお願いします”とあっさり許可が下りて…ああ、あの食欲魔獣どもは魔界神様のポケットマネーで面倒見てくれることになってるから安心して良いぞ」
アリス「( ̄□ ̄;)mjsk!!??
   …いやそれはかなり助かるわね正直…うーん、夢子がそんなこと言いだすとまあ帰ってもとんぼ返り喰らわされるのがオチね…。
   仕方ない、ここはその言葉に甘えさせてもらうわ」
かごめ「交渉成立ですな(キリッ」


紫「話がまとまったところで、一応今回共に行く連中…あ、いい忘れてましたが」
アリス「あんたどう見てもトレーナーって風体じゃないわね?
   薄々予想はついてたけど、トレーナーはかごめでいいのよね?
かごめ「カンがいい奴と話してると説明が省けて助かるな。
   実はもう一つコンセプトがあってな、普段あたし達と組んでないヤツ中心でメンバー決めしてんのさ
   ここまでで随分回り道をしたが…おい皆の衆、入ってきていいぞ」


画像


うつほ(お空):メラルバ 投入時Lv14
性格「やんちゃ」 H27A26B28S31D20S21(Total153)


お空「やっと呼ばれたか!!おそい!!!><
  正直この話は私一人でも十分どうにかなる気配がすることは確定的に明らか!!
  ジャッジメントが素晴らしい系の地獄鴉でゆっくりフュージョンさせればプラズマ団も英雄もあっという間に灰になる!!!」

アリス「( ̄□ ̄;)いやさせちゃ駄目でしょうが!!!
   うっわあよりにもよってこの子連れてきたの!?
   私、ジョウトでも大分振り回された記憶あるんだけど…」
お空「うにゅ?なんのこと?
  私はあなたと会うのはこれでえーと
かごめ「あーわーってると思うけど余りこいつに深く考えさせないでやってくれ。
   なにしろ最近になってようやくあたしとユルールくらいは覚えたらしいってさとりが言ってたし
アリス「えっそんな記憶容量の余剰あったんだ」


画像


ユルール:タブンネ 投入時Lv18
性格「穏やか」特性「癒しの心」 H31A29B28S28D7S31(Total154)


ユルール「なんか酷いこと言われてますけど…うーん否定のしようがない^^;」
アリス「あなたはあなたで随分そのなんていうか…」
ユルール「まったくですよなんで私がタブンネなんですか?」
かごめ「いや…このタブンネめざ草だったから…威力56しかねえけど
ユルール「( ̄□ ̄;)そんな理由でェ!!??」

アリス「いやでも…お空もそうだけど、個体値合計が150突破してるのになにこの微みょんな性能
かごめ「いやこんなの序の口だよ、なあ早苗」


画像


さなえ(早苗):モンメン 投入時レベル38
性格「勇敢」特性「悪戯心」 H31A23B28S26D31S31(Total170


早苗「ええまったくです…私なんて存在が本気でギャグじゃないですか…><」
アリス「( ̄□ ̄;)ちょ!!!あなたがモンメンなの早苗ッ!?
   しかも個体値合計無駄に高いのに性格が勇敢ってなんの冗談よ!!??」
かごめ「今思えばこいしでも良かった気がするわな」
アリス「よかないでしょ!!
   いくら悪戯心があるからってネタにもほどがあるわ…ってまさか、こっちのメインメンツってこういう」
かごめ「だから最初に言っただろう、残念高個体値だって
アリス「あ…あ、そう…。
   いやあまりに余りの事態だったんで流石に目眩がしたわ…というか、いったいどんだけアホみたいな高個体値粘ってんのよあんた達…こないだ公開したから解ってもらえてると思うけど、私正直そこまでやってはなかったわよ?」
早苗「ええまあ、それは…」
かごめ「正直予想外過ぎた(どきっぱり
   つかルーミアとか半分は貴様の所為だって解ってんのかこの魔理沙中毒者
アリス「( ̄□ ̄;)言うに事欠いてなんつーこと言いやがる!!!
   そんなの言いがかりじゃない!つーか私の側でもあれを皮切りにバケモノばかり用意されて常にエクトプラズムが口から出っぱなしよ本音言うと!!」
紫「それは私もどうかと思ってましたわ…特にリリカとかリリカとかリリカとか
かごめ「その恨みの矛先はどう考えてもアリスじゃねえのかjk」
アリス「知ったこっちゃないわよ!高威力めざ地あるんだったらついでに高個体値持ってくればいいじゃないのよこのぐーたら!!><」
紫「酷いですわー(棒読み」


かごめ「とまあ大体こんなメンツだな。
   まあ、どうあがいても最初はしばらく同ROM内のポケモン…もっと言えば御三家と三猿が中心にならざるを得ないわけだが」
アリス「そう言えば、最初のジムを抜けないと通信交換できないんだっけ。
   …まさかとは思うけど、あなた初っ端の御三家で何かみょんなものを粘ってh」
かごめ「いくら私でもそこまではせんわい、ツタージャのメスが出るまで20回くらいリセットしたけど(実話
アリス「( ̄□ ̄;)やっぱりなんかしてやがった!!!
   そこで御三家のメスを粘るなんてらしいと言えば…シンオウでも前科があったわねあなた」
かごめ「あのメスは個体値合計はさほどじゃないが、アレでステージ金シンボルまで届いたからなあ
   アレをベースにして新アンナ者を厳選したんだが」
アリス「アレの時点で十分に厄介なのに何故そんなことを…」
かごめ「ヒマだったからだ(ドヤッ
アリス「最悪だわ…。
   まあそれよりも、一度通った道であれば流石にサンヨウジムまでは一気に抜けたんじゃなくて?
   どうせ挑む頃には鬼みたいにレベル上げて一進化くらいしてるんでしょうし」
かごめ「いや、流石にイッシュは全体的な進化レベル上がってるしね。
   ツタージャ系統も最初の進化がレベル18、チコリータやフシギバナがレベル14で進化したのに比べるとずいぶん遅い」
アリス「そう言えばそうね。
   というか、ポカブ選ばなかったのね」
かごめ「ポカブ選んどくと確かに楽ではあるが。
   しかし後のち対戦で使う可能性があるとしたら、現状ジャローダが最右翼なんで」
アリス「確かにエンブオーとか扱いにくいしねえ」
かごめ「意外と柔いからなああの豚。
   序盤と言えばまあ、夢の跡地のアレが」


ベル「やめたげてよお!!><」



アリス「ですね」
かごめ「ですね。
   あの「おら!ゆめのけむりだせ!」で正直あいつらの頭をピンボールよろしく蹴ってやりたかった衝動にかられた奴も
アリス「否定はできないわねー…。
   プラズマ団の方向性をアレで決定づけちゃった迷シーンなわけですし^^;」
かごめ「カラクサのゲーチスの胡散臭い演説とかな」
アリス「基本的にはあれ、最初のN戦とチェレンとの2回目が固まってるからそのまま勢いでイベント進めると」
かごめ「実際チェレンのほうがメンドーだからなあ。
   まあこっちはレベル12くらいあったから、成長積んでごり押してやったけど」
アリス「鉄板ねえ」

かごめ「サンヨウジムも苦戦する要素は特になかったな。
   流石にポッドのバオップばかりはどうにもならないどころか」
紫「もしかしたら押し切れるかってところで、こともあろうに焼きつくすが急所に入りましたね
かごめ「あれはマジねぇわー('A`)
   正直ヒヤップまで使う気なかったんだけどねえ」
アリス「でも相手の猿は一律レベル14、こっちは育てない限りはレベル10だから、油断してると結構押し込まれることもあるわね」
かごめ「その意味ではあまり先陣は切らせたくないところだな」


かごめ「まあそこまで突破すれば、あとは例の「やめたげてよお!!」を見てCギアもらって通信可能になるから、ここから投入という形になる。
   もっともこの時点で、周回終了後速投入できる幾人かも送ったが…そいつらはまたその時に」
アリス「…この時点で10りくらい送ってるのね…でも、コード違いだとバッジの数次第じゃいうこときかないのが、地味に忘れられがちなストーリー進行中のお約束よね?
   少なくともコントロールが利くのがユルールと…まさかのお空
かごめ「特別問題はなかったけどなあ。
   まあ、問題があったと言えば…」

かごめは隅っこにいた一匹のピチューの首根っこを捕まえる…。

アリス「あれそう言えばこの子さっきかr」


画像


まりさ(魔理沙):ピチュー 投入時レベル29
性格「穏やか」特性「静電気」 H19A28B15S31D31S29(Total153)


アリス「( ̄□ ̄;)って魔理沙あああああああああああああああああああああああああああ!!??(ガビーン!!!)

魔理沙「………………ああそうだよ私だよ悪いかコンチクショウ(むすっ」
アリス「えちょなんであなたそんな格好に…つか早苗とか普段は普通なのになんであなただけ」
かごめ「見せしめに決まってんだろが(キリッ
   この野郎、シッポウの二回目N戦で投入してやったんだが…ものの見事に噛みついてきやがったからな
魔理沙「私はまだかごめがバッジを十分持ってなかったし、好きに振舞って良いぞとか言われたからその通りにしてやっただけだいっ><」
かごめ「あたしゃ戦闘をサボっていいとはひとっことも言ってねえからな?(#^ω^)
   調子こいて見事にサボタージュ決めてくれてやった報いがこれ。
   おもえ調子に乗り過ぎた結果だよこえrがリアルじゃなくて良かったなリアルだったらお前s(ry」
紫「というわけで、魔理沙はかごめさんへの信頼度(なつき度)が十分になるまでこの姿でいていただくことになりましたわ♪
 恨むならこのおっかない方に牙を抜いた自分にしてくださいね^^^」
魔理沙「んのスキマ…あとで覚えてろよ…(イラッ」
アリス「(いや私このままで十分いいと思うんですがねえ)(鼻からry


かごめ「というわけでまー魔理沙のアホがいきなりサボリ決めてくれやがった時には焦ったが、ここは比較的レベルアップの余地があるお空に頑張ってもらってな」
お空「うにゅ!私がんばったよ!!(えへん」
アリス「というか…私がむしろ気になるのは、なんでこんなレベル中途半端なのかなってことなんだけど
   レベル1から投入すればよかったんじゃ」
かごめ「わからんのか、努力値振ったからだよ
アリス「……………やっぱりか。
   お空のウルガモスはまだしも、よくもまあ経験値テーブル80万のユルールを20行くまでに済ませられたわね」
かごめ「正直HPが一番しんどかったな。
   マッギョ狩ると限界までPTで分散しても間に合わない勢いでなあ、それでもなんとかここまで抑えきった」
アリス「仕方ないことね」


かごめ「そういうわけで、今回は軽く紹介やら序盤の簡単な推移やらの紹介までだな。
   ここまで触れてはなかったが、まだアリスには何になるか決めてもらってないわけだが…」
アリス「いや、ちょっとストックの中で気になるの見つけたんだけど…」


画像


アリス「これとか。
   先日なんだかんだで秋神が結構いい線いってたから、正直興味はあったんだけど」
かごめ「それその静葉さんのなりそこないだけど?
   出来りゃみょん辺り呼ぼうかと思ったんだが…というか、お前基本魔法使いなのに物理基本の両刀型は難しくないか?」
アリス「舐めてもらっちゃ困るわ、人形が武器を扱って、それを操る人形使いが武器の扱いに精通してないなんてことはないと思うんだけど?
   まあ、この高レベルだと絡むのはもっと先になるか、周回内では難しいってところだけど」
かごめ「んまあ、お前さんに異論がないならこいつの方向で進めとこう…努力値振り直すなら木の実使ってかまわんよ」
アリス「おk、そこまで許されるんならこれでやってみる。
   しばらくは、あなたの振る舞いでもじっくり見せていただくことにするわ」



(続いてみるっぽい)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
パラレル・・・パラ・・レ・・ル・・?
パラレルとはいったい・・・うごごごご!(←

ピチュー魔理沙の悪巧み所持の違和感のなさが半端ない件についてw
アリスの反応もいつも通り過ぎると感心どころかむしろ安心するが(ry

>>半分は貴様のせい〜
そんなことは・・・そんなことは・・・あるのか・・?w

まぁ、最近は逆にそちらに影響されてしまって
化物個体値粘ることを強いられてる気配さえするのでおあいこって事で・・・w
影林檎
2012/01/30 01:31
>ユルールくらいは
テトラ「あ…あれ?現トレーナー役の私は…?」
まあテトラを記憶したら多分反動でユルールの事を忘れるぐらいお空ならやってしまうでしょうけどもw

>めざ草だった
そういう理由だったらユルールなのは必然ですな!w
しかしこの序盤から瞑想に冷凍ビーム所持は普通に主力級ですなぁ…w
ATI
2012/01/30 20:41
これはパラレルではなくただのPDWでありアリ酢たちは夢を見ているということで何処もおかしくはなかった(ブロントさん・談

>強いられているんだ!!
まあ元凶はもっとほかにいそうな気がしなくもないけど言及するとややこしくなるので(おいこら
こうして憎しみの連鎖はつらなっていく…(´・ω・`)
あと何気にBWはひたすら卵を割り続けなければならない分、たまにとんでもないバケモノが誕生することも稀によくあるとかなんとか聞きますがどうなんでしょうね。

>忘れられた
正確にいえば、あの鴉の記憶容量の問題なので仕方がなかったのです(なんだと

ちなみにタブンネで特攻特化したところでタカが知れてるのが悲しいところでして(→C種族値60
海月@管理人
2012/01/30 20:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
かごめさんとユカイ(?)なヤツらがイッシュで暴れてくるようです(仮題 1 狐の座敷牢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる