狐の座敷牢

アクセスカウンタ

zoom RSS ポケモン対戦ログ(2010.3.26)のおまけのようなある意味本編のような(← 前編

<<   作成日時 : 2010/04/13 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

毎度お馴染み対戦ログになんかつけた程度の例の奴のおまけです(←


ええもうここから完全におまけモードなんです。
実際の推移はひとつ前でかごめさんが説明した通り、それ以上でもそれ以下でもないです。
今回はかなり衝撃的なシーンが待っておりますので、「東方キャラが活字表現でも流血大惨事とかやだー!!!><」とか言う人は特に速攻でお引き取りください(何

「ゆかりん何してるん?」「おーい誰か魅魔様の行方を(ry」とかそう思われるかも知れんけど、それはこの次辺りかなぁ。
実はこの後ももうちょっとかかりそうなんで…うん、ここで長いこと止まったら本当にいわゆる「レイニー止め」ということで何処もおかしくないな。
るりも登場するからレイニー、じゃなくてだね、マリみてに「レイニーブルー」っていうしょっぱい話とそれにまつわるしょっぱいエピソードがあって…(´・ω・`)


実はもっとエグい展開を考えてて、メメ子が完全悪役になってるりにシメられる、という展開案もありましたがあまりに収拾つかないことこの上ないので却下。当たり前か。



そんな感じで興味ナッシングな香具師はいつも通りブラウザバックしてよいぞ。



************************



「…風見…幽香ッ…!」

人払いをしたその部屋の中で、モニターに映り込んだその姿を見つめるアリス
そこへ、不意に神綺が姿を現す…


「アリス…解っているわね。
…あの日から何度も言ってきた通り…幽香を殺そうなんて、まかり間違っても思ってはいけないわ」


アリスは振り向く事も…応える事もない


「彼女は…自ら人柱として丘の憎悪と悪意を一身に受け、妖怪となって己が身を媒介とし、自然浄化させる道を選んだ。
…丘は、その事によって昔の美しい姿を取り戻したの。
もし…彼女を殺してしまえば…再び、その憎悪が恐るべき“復讐者”を…?」


神綺は違和感を感じる
アリスの態度もそうだが…それ以上に、自分自身に起きた変化を


「(何…?
 目が…久々の戦闘で体の変調を…?
 ……いえ、まさかこれは!)」


神綺は眩暈を起こし、その場に片膝をついた


「……やっと、効いてくれたようね。
メディの作った強力な毒とはいえ…“神”を名乗る程の力を持つ母様にその効果を表すのには時間がかかってしまったわ…
「アリ…ス…!
…あなた…なに、を……!?」


「…口煩い“お母様”の“忠言”とやらを聞くのは、もううんざりなんだってさ!
大切なモノを奪われた悲しみは、アリス自身にしか解らないんだよ!」



カーテンの裏から姿を現した小柄な少女…鈴蘭畑から生まれ、身に猛毒を宿す妖怪人形メディスン=メランコリー
…その表情は、何処か嬉々としたようにすら見える…


「き…さまッ…!
自分が…何をしようとしているのか…わかって…ッ!」


次の瞬間
アリスの解放した魔力が複雑な魔方陣を幾つも創り出し、毒で自由を奪われた神綺の五体を空中に縛る

それだけではなく…魔方陣は神綺の体から容赦なく魔力を漏出させてゆく…!


「(…対神格用の結界魔方陣…!
 何時の間に、こんな代物を……!)」


「…人間ですら災害を克服する努力を許される。
幽香が天災というなら…姿かたちを取ったモノに復讐するのは止せだなんて…私には耐えられない!
「…アリスっ…!」


アリスはそのままメディスンを伴い、踵を返す


「モニターはつけたままにしてあげるわ。
そこで…私が総てを終わらせる瞬間を…見守っていて頂戴、母様」




リリカは心配そうな表情で幽香の方を振り向く…


幽香「…私を呼んでいるようね」
リリカ「幽香さん…」
幽香「……私の事情にあなたまで巻き込んでしまった事は謝るわ。
  だから、そんな表情をしないで頂戴。
  私は…大丈夫だから」


幽香は振り向くことなくリリカの頭を撫で、次の瞬間ふわりとステージに降り立つ…


幽香「…いい面構えね。
  私は逃げも隠れもしない…存分に、かかってらっしゃい…!


♪BGM 「幽夢 〜 Inanimate Dream」(神主セルフアレンジ版)♪


ピエール「私個人に恨みはないが…我が主の痛みは、我が痛み!
    我が剣でその痛みを思い知れ!」


ピエールは鋭い斬撃を放ってくる…!
しかし、幽香は傘でそれを受け流した!


幽香「…甘い剣ね…!
  私の知り合いには、あなたの数倍も鋭い剣を扱う秋神がいるわよ…!
ピエール「な…!?」
幽香「眠りに堕ちなさい…傘符“ナイトメア・レゲンシュルム”!」


幽香はキノコの胞子の構え!
ピエールは眠りに落ちた!

ターン終了と共に幽香の体を瘴気が包み込むッ…!



慧音「…始まったな…!」
妹紅「だ…だが、これで終わると言うことはないだろう!
  先手さえ取れるのであればまだッ…!」

幽々子「取れれば、でしょうね

慧音「…幽々子」
幽々子「あらあら…随分にぎやかだと思ったら、かごめちゃんも結局来てたのね。
   天狗の気配も感じたと思ったんだけど」
かごめ「宇宙開発公団の名前だけの会長って言ってもな、ヒマなようでヒマでもなくってな。
   文の奴はちょっと天狗の会合っていうかインタビュー会?があるってんで、取材対象の大将連れて帰っちまったよ
   それより…取れれば、とは随分消極的な発言だな」
幽々子「…そりゃあね、私は偶然にオーダーを見てしまったもの。
   種族値80で無補正とはいえ素早さVに極振り、あの剣士君が目を覚ましてくれなければ、残りのメンバーで幽香の先手を取れるメンバーはいないわ。
   取れても、とてもじゃないけど勝負にならないわよ」
慧音「くっ…これは勝負あったか…時間的に最後ならこれ以上の対戦も無理…。
  さっきのリリカへの態度を見る限り、アリスも解ってくれているだろう。
  …今の幽香はもう昔の幽香ではない…越えられない壁は、何時かまた乗り越えるべく努力することだって…


かごめ「…あんたそれを正気で言っているのか…!」


慧音「…!?」
妹紅「おい、お前どういう意味だ!」
幽々子「言葉どおりの意味だわ。
   …アリスの目をよく見て…どこぞの姫様の真似して視力が落ちていないなら…ここからでも良く解る…!」


慧音と妹紅は言われるままにアリスのほうを見やり…絶句した


慧音「……アリス……お前!」




何処かの廊下


チルノ「ふーすっきりしたーおまたせー!!^^」
大妖精「…もう…やる事がないからってジュースばっかり飲んでるからだよチルノちゃん…」

苦笑しながら大妖精はチルノを伴いステージへ戻ろうとする…
しかし、何かを感じ取ったらしいチルノはその場に立ち止まってきょろきょろする

大妖精「…どうしたの?」
チルノ「……ごめん大ちゃん、なんかあたい呼ばれた気がするんだ…!」
大妖精「チルノちゃん!?
   ちょ、ちょっと何処行くの!?そっちは…」

急に走り出したチルノを、訳も解らず慌てて追いかけるコーデリア


るり「いやーすっかり遅くなっちゃったわー^^;
  …ったく、来るなら酒買ってこいとか私らをパシリにするなんて汚いなさすが少女詩人きたない」
ポエット「ま、まぁまぁいいじゃないですか…もののついでって言葉もあるし…^^;」
るり「…っていうかチルノ?あなた何処へ…」

チルノはるり達には目もくれずそのまま駆けていく…

大妖精「待ってよチルノちゃーん!!><」

るり「あなた…ちょっと待って、一体どうしたのそんなに慌てて?」
大妖精「わわっ…ごご、ごめんなさい、チルノちゃんがトイレから戻ろうとしたら、なんか急に誰かの声が聞こえたって…
ポエット「…!…この声は…!?
    確かに、誰かが呼びかけてるみたい…チルノちゃんはきっとこれに…?」
るり「……私には聞こえないわね。
  もしかしたら、呼びかける魔力が小さ過ぎて、敏感な子たちにしか感じ取れないのかも…。
  コーデリア…だっけ?一緒に行きましょう、何か嫌な予感がするわ…!」
大妖精「は、はいっ!」




幽香「行くわよ…萌風(きざしかぜ)極式“百花万葉繚乱”!!」

幽香は空元気の構え!
致命的な致命傷!

ピエール「ぐはあっ!!
    (な…何という威力だ…体が、動かんッ…!)」
アリス「ピエール!
   も…もういい、もういいわ!あなたは戻ってッ!!」


ピエール「…アリス様…。
    お心遣い、感謝する…だが…貴方の為、私が背を向けるという選択肢など…ないのです…!
    さあ…かかってくるがよい…私はまだ倒れてはおらん…!」


幽香は無言のまま距離を詰める
彼女は瓦割りでピエールの首筋に軽い当て身を加え、意識だけを飛ばしていた…


幽香「…命とは投げ捨てるものではないわ。
  アリスの為に戦うと言うのなら、もっとその剣を磨いてきなさい…!



幽々子「…らしい言葉だわ…でも」
慧音「くそっ…!
  何故だ…何故なんだアリス…!
  …お前は…」



一時間ほど前…


サニー「どど、どう言うことなんだよアリスさん!?」
アリス「…言葉どおりの意味よ。
   …だから、あいつを受け入れたからと言って、リリカ達の事まで悪く言わないで…みんな
メディ「で、でも…大切な友達のカタキなんでしょ!?
   そのためにあんな危ない目に遭って…蓬莱の力も使えるよううになったんじゃない!」
ミスティア「そうだよ!
     そんな奴を自分の味方に引き入れて、私達をやっつけようとしてるんじゃない!
     だったらあいつも私達の敵だ!


アリス「違うわ!」


アリスの剣幕に押し黙る少女たち


アリス「……あの子は……リリカは、自分の過ちを認め、目を背けることなくその辛さを乗り越えて来た強い子だわ。
   私は…無暗に自分の感情をあなた達に押し付け…逃げようとした…!
   ……もしあの子が幽香を受け入れたと言うなら……私は、憎悪以外の理由であいつと向き合わなければならないと思ってる…!


アリス「…振り回してばかりで…勝手ばっかりでごめんね。
   でも…あなた達まで憎悪にとらわれて…それを理由にしないで…お願い…!



慧音「(…お前は…その言葉で私を…私達を欺いたのか…!?
   そこまでして…お前は一体何をしようというのだッ…!)」




ルナ「(あの妖怪(ひと)…やっぱりすごく悲しい目をしてる…。
   どうしてなんだろう…アリスさんの大切な友達を当たり前のように殺してしまえるような、そんな風には思えない…)」


ルナが振り向くと、蓬莱人形を抱きしめたままのアリスの姿


ルナ「(…確かめなきゃ。
   最初思ってたように、今のあの妖怪が“倒すべき絶対の悪”なのか)
  …アリスさん、私…行くよ」


ルナチャイルドはアリスの返事を待つことなく、ステージへ向かおうとする
そこには何時の間にか、ピエールを抱えた幽香の姿がある


幽香「…何をしてるのよ、あんた。
  あんたの為に全力を尽くして倒された者を放りだして、目を背けているなんて。
  …彼が哀れでならないわ

幽香はその場に気を失ったピエールの体をそっと横たえる…

幽香「……続けるわよ。
  あんた、私を倒したいのでしょう?
  だったら…最後までそうしてるわけにはいかないんじゃないかしら」
ルナ「…幽香…さん!
  あなたは、どうして…どうして」
幽香「…知りたければ、まずは私に勝つことよ」




るり「…ここは…アリスさんの控室ね」
チルノ「るり!
   …この扉、開かないんだよ…この中から、誰か呼んでるみたいなのに…」
るり「……この気配……結界だわ
  ただ留守の用心としてはあまりに物々しいわね。
  …それに」


「…良かった…このまま誰も来なければどうしようかと思っていたわ…」


大妖精「この声…まさか神綺さん!?
   一体何があったんですか!?」


「御免なさい…説明している時間はあまりなさそうなの。
私は…アリスの中に潜む憎悪の強さを甘く見ていたわ…このままでは、あの子は試合に見せかけて幽香を殺してしまうかも知れない
そうなれば……また、太陽の丘は強力な“復讐者”を生みだしてしまう…!」


大妖精「そんな!」
チルノ「幽香を…殺す!?
   どうして!?幽香はすごくいいやつなんだよ!?」


あの子は…まだ幼かった頃、丘の意思で魔界に災厄をもたらす“復讐者”だった頃の幽香に、友達を殺されているの
幽香自身も、丘の意思に縛られ他者を傷つけて歩く事に疲れ、その憎悪を吸収して自身の身で浄化するために妖怪となった。
…それは、彼女自身にも凄まじい苦痛をもたらす選択だったのにもかかわらず…


「でも、心を通わせたベヒーモスたちの死は、あの子の心に澱みとして残り続けていたんだわ…。
私は不憫に思い、ベヒーモスたちの魂を魔力のコアへ変え、ひとつは蓬莱人形に、もうひとつは、アリスに内緒で完成した上海人形のコアとすり替えたの
…今度は…ずっとあの子達がアリスと共に在り続けられるように…でも」


るり「…大切な誰かを失った悲しみは、そんな単純なことで埋め合わせできるものじゃないわ…
  今は違うけど…私やかごめだってそうだったもの…」


「…そうね…。
マーサの魂を受け入れたといえども、私にはそれが今ひとつ理解できずにいた…魔界の神としては兎も角、母親としては失格だわ…」


「…私は何としてでも、アリスが魔界の愚かな先達の過ちを繰り返そうとするのを止めてあげたかった…。
でも…予想以上にコーディ達との戦いは私の力を大きく失わせていたみたいだわ。
最初に飲まされた紅茶の中に、鈴蘭人形の毒が入っていた…それで動きを封じられ、このザマよ…。
…魔界の神が聞いて呆れるわ…」


ポエット「…るりさん…!
    多分この結界、囚われた人の魔力を吸い上げて維持するタイプのものです…このままじゃ、神綺さんも…!」
チルノ「どうしよう…早く助けてあげないと…!」

るり「…仕方ないわね。
  アンナちゃん連れてくれば良かったわ…あの子の強制解呪だったら手っ取り早かったんだけど」


るりはクローバーをかたどった胸元のブローチを外す…
それはひと振りの杖へと変化する


るり「…離れてなさい、三人とも。
  今からアンナちゃんを呼びに行ったんじゃ手遅れになるから…此処は力づくで結界をぶち破る!




ルナ「(なんなのよ…このとんでもない妖気ッ…!?
   スターなら確かに能力でこの強さが解る…見た瞬間に逃げ出す気持ちが解るわ…)」


幽香「来ないのかしら?
  でなければ…こちらから行くわよ!」
ルナ「…ッ!」


ルナチャイルドは目覚めるパワーの構え!
大地の力が幽香の足を捉える…が、幽香にはぜんえzん効いていない…

幽香はそのまま空元気でルナの体をふっ飛ばした!


ルナ「(う…うそっ…?)」
幽香「いい一撃だわ。
  でも残念だけど、その系統の力は私には効かないのよ


幽香は落ちて来たルナチャイルドの体をそっと受け止めた…


ルナ「…あっ…!?」
幽香「…あなたも、うちの妖精達と同じで素晴らしい素質を秘めている。
  その力に磨きをかけて、また遊びにいらっしゃい」

幽香はそのまま彼女をアリスの元へ返そうと歩き始める


アリス「(…何でなのよ…)」


アリス「(私の友達を…あんなに簡単に殺してしまったくせに…!
    どうして…どうしてこいつはこうして…!!)」


アリスの妖気が憎悪に染まる…
その気に反応して、蓬莱人形の目が妖しく光を放つ…!



♪BGM 「死への招待状」/伊藤賢治(「ロマンシング サ・ガ ミンストレルソング」)♪


幽々子「あれは!」



アリス「…許せない…あんたなんか絶対に…!
   あの子達の恨み、ここで晴らしてやるッ!



アリスの怒号に応えるかのように、蓬莱人形は巨大な鎌を構えて幽香へと飛びかかる!
同時に、妖気で幽香の足は絡め取られていた…


ルナ「アリスさん!?」
幽香「(…ちっ!
   この子で手は塞がっている…仮に投げ捨てても間に合わないか!)」


幽香は反射的にルナを庇うようにうずくまった!



慧音「や、止めろアリスッ!
  そいつはもう昔の幽香じゃない…それに…それにお前はルナも一緒に殺す気かああああああッ!!


かごめ「ちっ…そこの蓬莱人、手を貸してくれ!
   あたしたちふたりがかりなら多分止められる!」
妹紅「…ッ!
  だがここからじゃ間に合わな…」



永遠にも思えた長い一瞬の中



蓬莱の鎌と幽香達の間に割って入る黒い影



…蓬莱の鎌が切り裂いたのは…



さとり「あれ…は…!」
レティ「……うそ…でしょう…!?」



さとりとレティが呆然と呟くその視線の先




「…良かった…間に合った…ぜ…!」




一瞬遅れて、その胸元から鮮血が飛んだ



「…まり…さ?
どうして…そんな…嘘よッ…!」


呆然自失したアリスの視線の先…魔理沙の体はゆっくりと倒れていく



「いやああああああああああああああああああああああああああああああああああッ!!!」



アリスの絶叫を余所に、標的を捕らえそこなった蓬莱人形は再度鎌を構え直し、幽香への第二撃を敢行しようとする
幽香は魔力の呪縛から解放されぬまま、ルナチャイルドの体を解放する…


♪BGM 「今昔幻想郷 〜 Flower Land」(「東方花映塚」)♪


幽香「…今のうちよ、あなたは安全なところへ行きなさい…!」
ルナ「で、でも幽香さんは!?」
幽香「いいから!」


その剣幕に押される形で、解放されたルナチャイルドはリリカ達の側へと駆けて行く
幽香はその場から動く事が出来ぬまま立ち上がり、蓬莱人形へ対峙した


リリカ「幽香さんッ!」
幽香「…見損なったわ、アリス。
  憎悪に身を任せるが余り、あなたは様々な理由を付けて何処までも弱くなっていったというのね…!


蓬莱人形はゆっくりと幽香との距離を詰める…しかし


幽香「…あなたも可哀想ね。
  あなたの感情は残っていても…今のあなたはアリスの感情に逆らうことができない。
  本当は…あなたもあの妖精の子を殺したくはなかったのでしょう…?


ルナ「…あれは…!」
リリカ「あの子…泣いてる…?


アリス達の側からは窺うことはできなかっただろう
同じサイドにいたリリカ達ははっきりとそれを見ていた…蓬莱人形が涙を流しているのを


その、悲しそうな表情を


「…解っているわ。
今のあなたは、自分の意思で止まることはできない。
少し痛いかも知れないけど…こんな方法でしかあなたの悲しみを止められない私を…怨むなら怨んで頂戴!!


幽香の拳に膨大な魔力が集束する…!


「花嵐“幻想郷の開花…」


蓬莱人形はそのまま大上段に鎌を振りかぶり、幽香へと一撃を放った!


「…極式 -ブルーミングスパーク-”ッ!!」


次の瞬間、幽香の手から放たれた種爆弾が魔力を開放して蓬莱人形の体を…正確には、アリスから繋がる魔力の糸を吹き飛ばす
それだけの一撃を放ったにもかかわらず、傍らに傷つき倒れ伏した魔理沙の体はおろか、蓬莱人形そのものにすら一切の影響を及ぼす事もなく…



光の洪水が収まると、魔力の制御を失った蓬莱人形は力なく…ステージの上にへたり込んだ




かごめ「…あれが…本来の“マスタースパーク”か…!
慧音「…そうだ。
  風見幽香の、真の必殺技
  …自然界の気を集束して放つ、純粋な破壊エネルギーによる攻撃だ…だが」


慧音「(制御不能に近いあの技で、至近距離にいた筈の魔理沙を…彼女は守った。
   それどころか、蓬莱人形そのものにすら一切の影響を及ぼさずに…)」




♪BGM 「傷心のアイシャ」/伊藤賢治(「ロマンシング サ・ガ ミンストレルソング」)♪


こいし「魔理沙…しっかりしてよ、魔理沙…!」

その体を掴もうとするこいしを、さとりが制する

さとり「…思った以上に深いわ…ゆすっては駄目よ、こいし。
   それに…この色」
レティ「…毒、だわ…しかも、かなり強力な」
リリカ「毒…!?」
さとり「…恐らく、これは妖怪すらも殺す力を持った強力な毒
   これほどのモノを作り出せる存在はそう多くはない…。
   ……このようなモノを浴びれば、幽香さんは勿論」

さとりは呆然と立ち尽くすルナチャイルドへ視線を送る

ルナ「そんな…」

さとり「あなた…毒を作れる者に心当たりは?」
ルナ「…!…メディ…あの子は、鈴蘭の毒を受けて妖怪になったって言ってた…!」
レティ「ちっ…厄介なヤツが絡んでたわね!
   あいつの毒を受けたら、私達だってひとたまりもないってのに…!

諏訪子「この場にあの月の頭脳が居ないのは痛いね…さとり、境界操作でどうにかならないの!?」
さとり「…完全に毒だけを取り除き…尚且つ傷口をふさぐには時間がかかってしまう…。
   私の力では、本家本元には及ばない」
みとり「出血を留めるのと、毒が回るのを防ぐくらいなら、私の能力でどうにかなると思う…!
   私達の力を合わせれば、何とかなるかも知れない…その間に、誰か治してくれそうな人を呼んでこれれば!


そのときステージのタイルがひとつ開いて、そこからかごめと妹紅と慧音がインしてきた!


妹紅「もこたんインしたお!…ってんなことやってる場合じゃねえ!!><」
かごめ「話は聞かせてもらった!
   このままあたし達は永遠亭へ飛んで永琳先生達を呼んできてやる!
   それまで必ず持たせてくれ!」


そのまま場に慧音を残し、再びタイルが閉じる…


さとり「まったく…何時もながら簡単に言ってくれる…!」
リリカ「でも…それしかないよ…!
   私達も手伝える限りのことはする…だから!」
さとり「…そうですね…これ以上余計な悲しみを増やすわけにはいきません…!
   みとりさんは能力で止血及び毒の循環の阻害を、私が少しずつ毒の除外と傷口をふさいでいきます!
   諏訪子さんは癒しの結界を作って、リリカさん達も協力してその維持を…こいし、それほど難しくないからあなたにもできる筈よ」
こいし「うん!」
みとり「…承知!」
諏訪子「解った、任せて」
さとり「…あとは、強心効果のある薬さえあれば…」

幽香「…気休め程度でよければ…用意はできるわよ」

魔力を使い果たした幽香はよろめく足のまま、ひとつの草を差し出してきた…

さとり「この草は…!」
慧音「…猛毒のジキタリス…確かに、この草の毒は強心効果が期待できる。
  境界操作で毒を取り除き、この草の薬で心臓の動きを保ってやればどうにかなるかも知れん。
  永琳程ではないが、私も薬の知識がないわけではない…私も協力させてもらおう…!」



心神喪失状態になりながらも覚束ない足取りアリスはゆっくり、倒れ伏したままの魔理沙の元へ歩み始め…その前に静葉が立ちふさがる
静葉はその剣の切っ先をアリスののど元に突きつけていた…


「…ここから先…一歩たりともあなたを近づけさせるわけにはいかない…!」


アリスは力なく、その場へへたり込んでしまった


「…どうして…どうしてこんなことに…。
なんで…なんであんなヤツを庇ったのよ…魔理沙っ…!」


静葉は剣をおさめると…その襟首を掴んで無理矢理立ちあがらせる


「あなた…あなたには見えていなかったの!?
あなたは、あなたの仲間も一緒に斬り殺そうとしたのよ!
それとも何!?
あなたは、自分の復讐が遂げられるのなら、仲間の命も切り捨てられるというの!?
…「大好きな魔理沙」以外ならどうなってもいいと、そういう考えなの!?


アリスは目を伏せたまま答えない

「…今のあなたが魔理沙の傍に近づく事は…私が赦さない…!
そして、これ以上幽香を殺そうと言うなら…」

静葉はその体を開放し、踵を返す…


「…例え魔界の総てを敵に回す事になっても…この私があなたを斬るッ…!!」


その拒絶の言葉にすら何の反応も示さず…彼女はそのままの姿で、呆然とその光景を眺めていた



「…遅かったのね…」

憔悴しきった神綺はるりに支えられながら、一言そう呟いた

「ううん…幽香さんの魔力は小さいけど、戦闘で疲労した程度でしょう…でも」


「魔理沙っ!!」
「魔理沙さああんっ!!」


コーデリアとチルノはその姿を目指して駆けていく…


「……不可抗力とはいえ、あの子は自分の一番大切な存在を傷つけてしまった……!
魔理沙は…ううん、「魔梨沙」なら…きっとそうする筈だと解っていたでしょうに……!」




その言葉に誘われるように、少女たちに近づく一つの影
その金髪の少女…メディスンも泣いていた


「…ごめんなさい…!
私が…私が余計な事をしたせいで…魔理沙が…アリスの好きな人が…!」


るりは神綺の体をポエットに預け、その頭に優しく触れて諭す


「…これも…避けられ得ぬ運命だったのかも知れないわ。
きっと、私やかごめでも…同じ立場だったら同じことをしてしまうと思う」
「でも…私…あの毒を作ったのは、みんな私だから…!」
「あなたは、アリスの心に応えただけよ。
…もし、自分に責任を感じているのであれば…今度同じような事があったら、“友達”として彼女を止めてあげなさい…!


彼女はるりに体を預けたまま、無言で頷いた



(文々。のメモより)


そのあと、三十分ほどでかごめ殿達が永琳先生を呼んできて、それからさらに半日近い懸命の処置により…霧雨魔理沙は辛くも一命を取り留めました。
名医・八意永琳をして、迅速な処置と適切な薬の処方があったからこそ彼女の命は助かったのだといいます。


さとり殿のコピー能力と、赤河童の禁止能力、守矢の神の結界もさることながら…私はそれを認めざるを得なかった。


大量失血と、猛毒を伴う深手により弱っていた心臓の動きを活性化させるための強心剤。
それを作れたのは慧音殿の力とはいえ…その元となる薬草を創り出したのは、山の神である秋静葉殿と、かの風見幽香…アリスが、友の敵として憎んでいたその妖怪でした。


月の光の妖精が言うには、彼女は何か強く、悲しい決意を抱いてその場に立っていたように見えた、と。
彼女は直接対峙し、何も出来ずに退けられたと言え…その心になにひとつ、狂気も憎悪も感じられなかったと。
それどころか…彼女ら三妖精の力を嘉し、賞賛してくれたのだと。


神綺様からも“復讐者”の存在を聞いてはいましたが…私はアリスの心に共鳴するあまり、今ひとつ受け入れられずにいました。
ですが…こうした話を聞くにつれ…私自身がその人物を目の当たりにして…その“悲しみ”を理解せざるを得なくなっていました。


なぜなら…


蓬莱人形の「心」を汲み取った彼女の瞳は…あの時「私を助ける」と宣言してみせた我が友・射命丸文と瓜二つだったから。





♪BGM 「涙を拭いて」(ミンサガバージョン)/植松伸夫♪


魔理沙の容体が安定したところを見計らい、面々は永遠亭へと移って来ていた
八意永琳を呼ぶため、無理なスピードで永遠亭へ飛んだ挙句、境界操作の力を連続使用した疲労でかごめと妹紅も死んだように眠っている…

彼女らばかりではなく、魔理沙の応急処置にあたったさとり、みとり、諏訪子らもまた、ぐったりとして壁に寄り掛かっていた…


輝夜「…まるで野戦病院だわ」

るり「御免なさいね、大人数で押し掛けてしまって」
輝夜「まぁ、そのあたりは仕方ないわ。
  容体は安定したけど、まさか魔法の森のゴミ屋敷に放りこんでおくわけにもいかないじゃない。
  …永琳はじきに目を覚ます、とは言ってたけど…毒の強さが半端じゃないって言ってたから暫くは此処で療養させるしかないわね

輝夜が「毒」と言ったあたりで…その原因となったメディスンが暗い表情で目を伏せる…

輝夜「…そこの龍族も言ってたと思うけど、やってしまった事は仕方がないわ。
  むしろあなたが素直に名乗り出てくれたお陰で、あの厄介な毒の解毒剤を作る事が出来た。
  ……これに懲りたら、もう少し後先考えて行動することね。
  あのHでも出来ることよ」


輝夜が目をやった先には、難しい顔をしたままのチルノの姿があった…



別の部屋
そこにはこれまでの経緯を、三月精や慧音らに語る神綺の姿がある…


♪BGM 「夢消失 〜 Lost Dream」/ZUN♪


神綺「…私が許せなかったのは、それを早くアリスに教えてやらなかった自分自身だわ。
  確かに、それを知っていて幽香に喧嘩を吹っかけたサラ達も赦しがたい…けれども、アリスが知っていれば、連中の愚行を止める事も出来たし…あの悲劇は避けられたかも知れないのに…

慧音「…そうなのか。
  だが、アリスは霊夢や魔理沙に救われたと言っていたが…八百年前だというなら辻褄が合わんぞ?」
幽々子「転生よ」
慧音「…転生?」
幽々子「あのふたりは、当時の記憶を持ったまま生まれ変わっているの。
   その頃の魔理沙は…ううん、「魔梨沙」というべきかしらね。
   今の姿とは似ても似つかない、紅い髪の少女だった…でも同じ韻の名前、同じ魂の持ち主だから、記憶の中で混同されてしまったのでしょうね
神綺「…そう。
  でも魔族と人間の残酷な違いで…時が流れて親友であった彼女をも失い、心の傷も癒せなくなったアリスは、部屋に閉じこもることが多くなったわ。
  だから…私は白玉楼へ出向き、彼女が転生の時を迎えたら知らせて欲しいと頼み…そして、私は二人の出会いを仕組み、アリスを王城から幻想郷へ移り住まわせたわ。
  新たな環境での生活に支障がないよう、人間や妖怪と同じようにファミリーネームを与えて」


神綺「私は、幽香の生まれた太陽の丘が、幻想郷に流れた事も知っていたわ。
  丘は幻想郷へ落ち着き、魔界で会盟により平穏が訪れたことでこれ以上丘を汚す要因もなくなり…尚且つ幽香は時を同じくして妖怪となり、自らの苦痛を代償に誰も傷つけることなく、丘の怒りを浄化する道を選んだ事も
  …丘は小さくなってしまったけど、アリスが幻想郷へ移り住む頃には古の美しい姿を取り戻し始めていた」


神綺「…知ってほしかったのよ、かつて私達魔族が壊そうとしてしまった…その本来の、美しい丘の姿を。
  それを取り戻そうと、苦痛を抱え込んで変わった…風見幽香の姿を


神綺「……でも、あの子の憎悪は収まるところを知らず、埋火のようにくすぶり続けていたのね。
  結果として…あの子は自らの手で、大切な存在を傷つけることになってしまった。
  …もう、あの子は駄目になってしまったかも知れない…」


慧音も幽々子も…誰も一言も返す事も出来ずにいた



当のアリスは、宛がわれた一室の隅にしゃがみこんだままだった
締めきった奥の間、一切の明かりを避けるかのように、彼女はそうしていた

誰もが、彼女にかける言葉を持たず…結果、彼女はひとりきりだった
常に傍らにいた上海、蓬莱二体の人形もそこにはいなかった…


仲間を巻き添えにされかけたスター、サニーを筆頭に…まず彼女を襲ったのは敵味方問わずの非難
既に心身を喪失していたこことは果たして彼女にとって幸せだったのだろうか…


…否、彼女の心の冷静な部分は、その怒りの言葉を全て記憶していた


「自分はもう駄目なのだろう」と…この状況を冷静に見ている彼女自身は自嘲する


覚悟の上だったはずだ
自分自身の憎悪は…長く封じていたはずの感情を蘇らせてしまった事で、決壊寸前であったこと
三月精やミスティア達に告げた言葉も、それは自分の中で暴走寸前だったその感情を抑える言葉だった筈なのに


自分の心に負けてしまったその代償は…途轍もなく大きかった


もう…どうでもいいや…


心の中でそう、呟く
その手には、人形に持たせておく鋭利な銀のナイフ


(…ごめんね、みんな。
 もう…私は…駄目なんだ。
 私は……リリカ達のように強くはなれないから…!


…それをゆっくりと、己の喉元へあてがおうとする…



それは、何時までもその肌を傷つけることはなかった
確かなぬくもりと、抵抗する力を感じ、彼女は顔を上げる


「…駄目です…そんなことをしたら…!」


何時の間に入って来ていたのだろうか


「あなたは、此処で逃げちゃ駄目…!
絶対に…それだけは駄目なんです…!」



…暗い部屋の中、そこに光を灯したのは一人の天使の少女だった



(続くっぽい)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
色々と自分の想像の斜め上行きましたなぁ・・・w
メディ関連とか、過去話で死んだベヒんもス達の魂云々とか・・・
結末が楽しみなのぜ。

ここの米じゃ書ききれんので、自分がどういう展開にする予定だったのとか、この話に関する感想等を後々に書くであろう後日談の記事内で触れねばなるまいっ・・・!
ここの話を乗り切ればもうこんなに展開に四苦八苦するような事はないはず!・・・・・はず(ぉ
影林檎
2010/04/14 13:08
やはり斜め上だった!

文。「あかんかったんや…!
  こんなエサを狐に与えたらあかんかったんや…!!」
妖夢「あやまれ!アリスさんにあやまれ!!><」

ベースは「痕」楓シナリオのクライマックスと、「武装錬金」早坂姉弟戦のラストあたりをほど良く混ぜた感じを意識してました^^;
この場合、アリスの立ち位置は後者の早坂秋水になるんでしょうかね。結末近くでそれをにおわせるセリフを口にすることになるはず…。

多分後半はそれほど長々とは語ら(れ)ないので、おまけ的な鳥頭&蛍娘の話をくっつけて終わりですかね。
現在書き進めている段階で、後編の魔理沙のセリフを改めて読んでると「何この歯の浮きまくるセリフ…」と自分自身戦慄を覚えました…(←
海月@管理人
2010/04/14 21:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポケモン対戦ログ(2010.3.26)のおまけのようなある意味本編のような(← 前編 狐の座敷牢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる