狐の座敷牢

アクセスカウンタ

zoom RSS チラシの裏 2009.4.28

<<   作成日時 : 2009/04/28 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここはチラシの裏だ。

今日は正直書きたいこともいっぱいあるんでな。
それなのに下らん前置きなんかしたくないのでここにチラシの裏を作った次第だ。ここには絵も貼ってないので、耳障りな話なんざ読みたかねーんだよタコ!!って人はとっととブラザバックしやがって今日の記事を読みやがれ。
例によって、この前置きを無視して読んで、あとからごちゃごちゃと文句垂れる奴がどうなるかは言うまでもないだろう。









警告は以上。
ここから先、目を通したということはそのことを理解してのこととして扱う。





























――――――――(以下嫌な話)――――――――


プログであったPoEの話な。

俺は別に否定はするつもりもないし、やりたい奴は大いにやればいいと思う。
ネット対戦のすべてが手探り状態だった当時と違い、現在は本気で対等の勝負を望む限りは極めて良い環境になっているだろう。その中で真剣勝負する理由が欲しいなら、確かに双方何かのリスクを負った上でのほうが燃えることは確かだろう。

けどさ、時々角煮で「PoEは復活して欲しい。でも俺は描けないから」とかほざく馬鹿が湧くのだよな。

つーかさ、言った奴がどんなつもりだったか、あるいは俺が何か言ったからそれで尻込みしたかなんざ知ったこっちゃないが、当時とはまた環境的な要因でそういう素地ができつつあるという現実を無視すると。
いや、そこまでは言ってないと当人は言うだろう。だがな…「1000余件あった中で踏み倒しは三十数件でそれが衰退の大きな要因になりえない」ですか?


馬鹿じゃねえの?死ぬの?


「割合が少ない」じゃなくて「やる奴がいる」という事実そのものが問題なんだろうが。
まして角煮でそういう馬鹿が湧いている。誰かが何かやるのをじっと待つだけで、自分から行動を起こさない寄生虫みたいな奴がな。

断言していい。
そもそも言いだした奴が「自分はけん引するつもりはない」とかほざいて逃げを打つ限り、PoEなど金輪際大々的に復活することなんてない、ってね。



それともうひとつ、絵が描けないことにやれ「自分に絵心はない」「美術の成績なんて壊滅的だった」とか言う奴いるけどさ…俺それも実は許せない

俺だってそんなもん皆無だよ!中高で美術の成績なんざ中の下、条件なんてさほど変わらんわ!
悪いけどさ、俺だって十余年試行錯誤繰り返して、自分のイメージに近いイラストレーターや漫画家の絵を模写しまくって、それでようやくイメージに近づいてきたって話はここで何度もしたぞ。
今真面目にイラストレーターや漫画家なんかで活躍してる人間は、みんなそうだろう。どいつもこいつも「才能」の一言で片付けたがるが…それこそ今一線で活躍している人間に対する侮辱だ
どいつもこいつも自分の理想を求めて、それこそ血反吐を吐く思いで…実際吐いた人間もいるかも知れない、そんな常人には到底想像しきれない努力をした…赤木しげるが言うところの「さらりと生きていない狂人の類」なんだろうよ。

全員が全員でないとは思うけどな残念なことに。
時の運もあるし、たまたま作風が今のニーズに合っただけで、そうした「狂的な努力者」と同列にならんじまうことだってある。現在はそれが多いから、本当に面白い漫画や、味のある作風のイラストレーターは実際少なくなった気がするよ。
まぁそんなの数年の命だろうがな。芸人だってそうだろう、華々しい活躍はなくとも長く生き残ってる奴は少ない。それこそ花火のように一瞬だけ華々しく出てきて散ってしまう連中ばっかりだ。


まーとにかく何が言いたいかというとな、まず「何としても描きたい」という強い意志を持たなきゃ始まらないってことだ。
PoEの件もそう。本気で復活を望むなら、むしろ自分から動けよ。話はそれからじゃねえのか?
もうそういう逃げの言葉なんて見てても不快なんだよマジで


――――――――(以上嫌な話)――――――――


以上。お疲れさんでした。
もし「我も何か」「ここに異議あり」…という者があれば、掲示板の雑談スレなりなんなり使ってくれ。500文字以内でおさめられるならコメント使ってもいいけどな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チラシの裏 2009.4.28 狐の座敷牢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる