狐の座敷牢

アクセスカウンタ

zoom RSS 翠玉的珍道中記2

<<   作成日時 : 2008/11/01 18:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

エメラルドリプレイの第二話です。

まぁこの時点ではもっと先のほうまで進んでるわけですが(カイナシティまで到達)、それを文章にまとめるとやはり時間がかかりますというか…。


相変わらずネタだらけなのでご留意ください。



*********************



あらすじ

狐的な理由でポケモントレーナーとなったサユリはとりあえずミシロタウンで色々やって図鑑とポケモンと色々もらって冒険のたびへれっつごー。



サユリ「…適当だなぁ」


しかしここで素直に先に進むほど狐は純粋ではないようです。
先ずは101番道路に陣取り、ジグザグマとポチエナ相手にひたすら経験値を稼ぎます。
勿論連中も捕獲して、ひとまず二匹目の戦力としてポチエナを育てることに。


サユリ「面白いのは最序盤でいきなり悪ポケモンを育てられるってことよねー。
    普通ならここはノーマルポケモンと鳥ポケモンでしょうに」

キモリ(地面に字を書き始める)

『そういえば金銀でもオタチとホーホーだったの』

サユリ「…あんたずっとそのネタで押し通る気か…。
    むしろ進化したらどうなるのか気になるわね、激しく」


とりあえずキモリのレベルを10、ポチエナのレベルを4にして102番道路へ。


短パン小僧「よーし初心者ハケーン!いざ勝負!」
サユリ「…お前どのレベルからはじまりの村に入った低層スタートだよ…」
短パン「勝負にキレイも汚いもない!勝てばよかろうなのだッ!
   出るがいい我が僕、ポチエナ(レベル5)!」
サユリ「……( ゚д゚ )」
短パン「さあ吠えろ!“とおぼえ”で攻撃力を上げまくるのだ我が僕よ!
   ナチs短パンのポケモン力はァァァァァ世界一ィィィィィ!

サユリ「…キモリ、殺っておしまい」
キモリ『合点承知なの』


キモリはレベル6で「すいとる」を覚えています。
多少攻撃力が上がっていても、受けるダメージは十分「すいとる」で回復できる程度でしかないというのも物悲しい話で。


サユリ「…教えといてやるよ。
    他人を見掛けで判断しちゃ、ダメなんだぜ

短パン「…ううそれは一体何処の隠密機動の副隊長…ガクリ」


まーこの辺りはほぼ楽勝ですか。
トレーナーが4人いますが、これまたお約束的な短パン小僧、虫取り少年、そしてミニスカート。
こっそり先頭にポチエナを置いて満遍なく稼ぎます。


サユリ「何気に“ミニスカート”のデザインって、元の私のデザインに近いのは気のせい?」
ミニスカート「…知らんがな( ´・ω・`)
       ところで、この道路にはラルトスがいるけど、どうしとく?」
サユリ「………なんですと?」


ラルトスは「俺の嫁」で有名なサーナイトの種ポケモンですね。
サーナイトは自己再生こそ使えないものの、通信環境抜きでフーディン並みの戦闘能力を発揮する強力なエスパーポケモンです。
無論ここで捕まえておきたいところですが…。


サユリ「ええい嫁は何処だ!何処にいる!
キモリ(な…何か違う…これは何か違うぞッッ!)

彷徨うこと1時間。
やっと出現したラルトスがオスだったりとか。

サユリ「メス以外認めるかー!殺っちまえキモリ!」
ラルトス♂「( ̄□ ̄;)」

キモリ(ああんもう何がなんだか…TT)

そうしてさらに30分ほど浪費してメスのラルトスをゲット。ところが…。

サユリ「……なんでデフォで攻撃技もってないんだこの生き物は……何処のハネッコだよあんた……」
ラルトス「無礼なことほざいてないでさっさと経験値稼ぎやがれですぅ主人(マスター)。
     あとレベルを2上げれば念力くらいは使ってやるですぅ」

サユリ「…………頼んだわよ、キモリ」
キモリ「…( ´・ω・`)」


とはいえラルトス探しで疲れたのでトウカシティに入って一休み。
早速ジムを目指します。


サユリ「FRLG(赤緑)のパターンだと、最初の入った街のジムって挑めないのがお約束なのよね。
    ここも留守っつーかジムリーダーは間違いなく悪の組織のボスですねわかります」
センリ「それがポケスペ読んでる人間の言葉かオイ。仮にも父親をつかまえて」


主人公もしくはその類縁がジムリーダー、というのも面白い設定ですよね。


サユリ「けどポケスペだと思いっきり息子に造反されてるよね。
    まーでも私はコンテストとかあまり興味ないしー」
センリ「確かにポケスペのサファイアも戦闘狂(バトルマニア)だったけどなぁ…。
    それでもアニメ版のハルカはコンテストが主戦場なんだからもう少しなぁ」
サユリ「けどそれを言っちゃポケスペとアニメ版と全然正確違うのはあんたも一緒でしょうがお父様。
    一応狐的にはポケスペの男キャラではサカキの次にあんたがランクインされてるというのに」
センリ「総帥の次かよ!喜んでいいのか悪いのか解らんぞ!つか念のため聞くけどその次誰だ!」
サユリ「仮面の男(マスクオブアイス)・ヤナギじーさん」
センリ「…なんか良く解らんチョイスだなそれも…」
サユリ「まー狐の尊敬する人は(蒼天航路の)楽進と超魔生物ハドラーだし…」

ミツル(…うーん…どうやってこの会話に割り込めばいいんだろう…^^;)


というわけで、この街に住むミツル少年の、ポケモン捕獲を手伝うことに。


サユリ「ポケスペだとお父さん(センリ)に断られて、ぶちキレたルビーと116番道路でカクレオンを捕まえるんだっけ」
ミツル「というかそんなおもしろポケモンが116番道路にいてたまりませんって。
    つか僕等がいるのは102番道路ですよ」
サユリ「というか何捕まえる気?
    ハスボーにキャモメ、ポチエナにケムッソ…ロクなのがいないわよここ」
ミツル(なんかだんだん原作のイメージから遠のいてたるたひ化しつつあるなこの人…)

ミツル「…まぁとりあえずアンナ…じゃなくてあんな辺りで」


ラルトス(オス)


サユリ「ええちょっと待て!私あれ遭遇するのにどれくらい時間をろうh」
ミツル「まぁほら、一応僕もポケスペではラルトスを連れてましたし」


この辺りチュートリアルなのでオートで進みます。
アーミンみたいに説明書も読まんとポケモン1匹でここまで来た人は参考になる…かも。


サユリ「そういえばポケスペだとここでポケナビがもらえるんだったよね(wktk)」
ミツル「…えーと…ゲームではない設定ですので」
サユリ「な、なんだtt(ry」

まー現時点ではあってもなくてもそれほど変わりませんけどね。
とりあえずトウカジムに戻ってミツル少年と別れます。


サユリ「…というかここにリーダーが存在するということは、最初の犠牲者はお父さんということになるのよね」
センリ「アホか!というか今のお前の戦力で私に勝てるわけないだろ!
   バッチ4つ以上持ってきたら相手をしてやるから先ずはカナズミジムへ行って来い」
サユリ「でもミツル君に貸してたのはレベル5のジグザグマじゃーん。あんな程度しか使えないリーダーなら楽勝らくs」

センリ「( #^ω^)(ピキピキ)…出て来い、ケッキング(レベル31)」

サユリ「ごめんなさい出直してきます許してお父様」


サユリ「(ぶつぶつ)…というかバッチ4個って中途半端よね〜…やはりサカキ様とは役者がちg
センリ「( #^ω^)(ジロッ)」
サユリ「いえなんでもないです逝ってきます」


というわけで先ずはトウカの森へ。
カナズミシティへ行く前にこの辺りでレベルアップに励むわけですが。


アクア団下っ端「さ、その荷物寄越しな」
デボン社員「あ…あ…」
アクア団下っ端「そんなにびびるこたぁねぇよ!命まではとらねぇよ!」

ジュプトル「(# ゚皿゚ )(ジロッ)」

アクア団下っ端「ぎゃああああああああああああああああああああああああ!」

サユリ「…うーん調子に乗って育てすぎてしまったようですな…」
ジュプトル「なんというミンサガ…どう見ても私の扱いはコーラルクラブ」
サユリ(進化したら普通に喋るのかよ…)


レベル9のポチエナとか「何だお前!弱すぎるぞ!」状態ですないやはや。
連続切りの一太刀めが入ったらそこでけりがつくとか最早過ぎる件。

サユリ「というよりあんたはもうちょい人様の役に立てんのか」
ラルトス「悪ポケモンにエスパー技は効果ないですぅ。もっと勉強しろですぅ」
サユリ「やかましいわ穀潰し!…あ、つい本音が」
ラルトス「本音かよ!酷いなおい!!

レベル11で影分身を覚えてくれるのはいいんですけどね。
何しろこの辺りは野生のポチエナも多いのでラルトスのレベルを上げるのも一苦労。

そうそう、このトウカの森にはもうひとつ見所がありまして…。

サユリ「♪きのこっのこ〜のこげんきのこ〜、ってね…キノココゲットだぜー!」
キノココ「……」
サユリ「…何…?今度はあんたが無口担当なの…?」
キノココ「…はちみつくまさん
サユリ「よりにもよってそれかい!!」

進化すると格闘属性を併せ持つ強力な草ポケモンであるキノガッサになるポケモンですね。
早期に進化させると強力な「キノコのほうし」が覚えられませんが…「しびれごな」「やどりぎのタネ」のコンボはそれなりに強力で、直接攻撃をされると時折状態異常にする特性「ほうし」もかなり嫌らしいモノがあります。

ジュプトル「…そういえばポチエナの姿が見えませんが…」
サユリ「なんか微妙な気がしてやめた
ジュプトル「うわ、ヒデェ」

とりあえずジュプトル、ラルトス、キノココ、そしてものひろい(=お小遣い稼ぎ)要員のジグザグマを加えた4匹でカナズミシティを目指します。


(続く?)



[例の何か…web拍手]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「なんか今日はよりにもよって川澄かよ、の方じゃなくて大前田の方に目が行ってしまった…」


って砕蜂がいってました
らぶーマコ
2008/11/02 11:32
このところデ…じゃなくてふくよかな人が大活躍ですから。


次回卍解ですか隊長?
海月@管理人
2008/11/03 19:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
翠玉的珍道中記2 狐の座敷牢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる